「教育問題」「美術教科指導」等駄文であれこれ感じたことを綴ってます。


by hakusuke
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

『気持ちのキセキ』資料

 職員室内の回覧みていたら『気持ちのキセキ』プロジェクトといった、ポスターが挟まれていました。「2枚あるのでくださいな(^v^)v」で、ポスターと、ガイド、DVDをいただきました。ちなみに、ポスターの画像は下のように32の表情が描かれています。

a0074653_2155483.jpg


 ポスターは、水彩絵の具で描かれていて、32の表情が描かれています。色も表情も多様です。解説書を読んだら、様々な感情に気軽に慣れ親しんでもらうきっかけとして保健室や、図書室、こどもたちが行き来する場所に掲示していただくのがよいかもしれませんとのこと。

 帰宅して、もらったDVDを再生しました。絵本の文章と同じ内容で、ゆっくりと読み上げられ、同じく水彩画で描かれた表情が流れます。解説を読むと、自分の気持ちがわからない子供だったり、自分の本当の感情を理解してもらえない、理解しがたいこどもの内面を探るためのツールとして提案がなされています。
 

 水彩画の授業や、自画像を描くときに再生したら静かに感じ取ることができそうな資料です。

 また、エモーショナル・リテラシーのためのワークシートといったものには次の質問が書かれています。
【タノシイ】:最近、楽しかったことは何ですか?
【コマッタ】:最近、困ったと感じたことはどんなことですか?
【マンゾク】:最近、満足感を感じたことはどんなときですか?
【カナシイ】:最近、悲しいと感じたことはどんなときですか?
【ジシン】:最近、自身を持てた出来事はどんなことですか?
【クヤシイ】:最近、悔しいと感じた時はどんなときですか?
【アリガトウ】:最近、一番感謝した出来事はどんなことですか?

といった項目があります。これらを落ち着いて振り返らせることで、自分と向き合うきっかけになるなとかんじました。
 3.11の地震後、児童・生徒の感情、心理をつかむのに有効なツールとして、某たばこ会社が出資してDVD等を作成しているようです。岩手・宮城・福島の小学校、中学校には配布されているかと思うので、ご覧になってみては?
by hakusuke | 2011-11-22 21:53 | 職員室から? | Comments(0)