「教育問題」「美術教科指導」等駄文であれこれ感じたことを綴ってます。


by hakusuke
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

美術開放日

 美術室開放日といった日を設けてみました。これを設けた背景は、確実に美術室に教員がついていて指導するよ!(教えるよ)と生徒たちに周知徹底させるためです。このような日があることを伝えていないと、なんだかんだで、夏期休業中に、私を捕まえることは不可能になります。出張だったり、学年の課外授業で別教室にいたり。そして、美術部の顧問でもないから、美術室で活動しているわけでもない。うーん。

 特に学期末、遠征に出向いていて宿題について聞き漏らしもあった生徒もいたことでしょう.一応、6月中旬から、「私、学期末いないから!」とは何度も伝えてはきたけれど、生徒たちは自分のことではないから「あれ?いない・・・」としか思ってこなかったことでしょう。

 3日間の開放日は各学級に掲示してもらい、美術室扉にも貼っておきました。可能な範囲美術の課題と用具もって美術室にくる。ハイそれだけです。難しいことはしていません。 私は、美術室から出ることなく、作品展示の準備していたり、生徒に呼ばれれば助言したり、道具を貸し出したりするだけです。昨年も行えばよかったと、2日間終えて反省しています。だいたい、数学や英語などの教科は、補充学習会があるというのに、補充美術学習会というのがあってもいいのじゃないかと思ってきました。まぁ、今年度、行動に移した自分に◎をあげよう。

 そうそう。実際ふたを開けてみて・・・・

 学年を限定せずに、座らせていたらこれはこでよかったです。下級生は、上級生の作品見て、「すごいっすねー。細かいー」と驚いて見ていたし、上級生は、「あそこに道具あるし。こうしたらいいかも。」などなど伝えている生徒もちらほら。同時に、部活動単位で、複数でやってきて、「夏休み課題終わらせるぞ!」とお互いに気合かけて取り組んでいるグループもいました。

また来週開放日を設けます。次も楽しみ。お盆前に少しでも各教科からの課題にしっかりと取り組みが見られますように。
by hakusuke | 2012-08-04 08:38 | 2012自分の授業 | Comments(0)