「教育問題」「美術教科指導」等駄文であれこれ感じたことを綴ってます。


by hakusuke
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

授業展(朝日中学校)に出むいて

 朝日町立朝日中学校の授業展開催アナウンスを亀井道敬先生から受けて、出むいてきました。昨年も開催の案内はいただいていたのですが、出向けずじまいでした。「今年こそ!」で、いざ東北自動車道、山形自動車道利用でいざ朝日町!道中フロントガラスに写る山々の紅葉のきれいなこと。運転していたから撮影出来なかったのが残念だ。

 寒河江IC降りて、朝日町を目指していくと、道の駅あさひまち(りんごの森)といった施設ができていました。今まで朝日町には何度か足を運んでいましたが,新しい施設かな?で寄り道。
 10月1日オープンだったようで、リンゴ販売もお手頃、きれいな道の駅は混み混みしていました。店内を周り、階段下の掲示板見ていたら朝日中学校と書いてありました。「なんだろう?」上へ行ってみると、リンゴプロジェクトというか、朝日中学生の地域のりんごを材料にしたプロジェクト紹介コーナーになっていました。
a0074653_23494355.jpg

a0074653_23171920.jpg

 詳細は,亀井先生に書き込んで貰った方が良さそうだ。町の至る所にりんご畑。亀井先生がFacebook 上でリンクされている村尾隆介氏のプロジェクト内容を引用し記すならば、生徒たちの学びの姿がみえた。

 始まりは東京の修学旅行でブランド化された会社巡りから始まっている。ブランド化に向けて、5社に中学生たちが,担当分野(広報・サービス・商品開発・サイン・イベント)ごとに会社を訪問し、見学&体験をしてきました。これらを基に、7~8人ぐらいのグループであれこれ考えたこと,提案したこと,企業お越しを体験してみての感想等々が展示されていました。りんごに見立てた買い物袋で,町をアピールしようと提案されていたり、もんぺ姿でりんごアピールだったり。りんごの形からサインを考えたり。立地も良く,観光客や地域の人たちも足を運んでいました。
 
 
 自分たちの町の地場産品をどのようにアピールするか?町の宣伝はりんごとワインの町と記されています。道路の至る所にりんご。りんご。りんごの木。途中に葡萄畑のあるワイン城に行く道もあります。実際,ワイン城に立ち寄ったら朝日中学校の3年生が,学年行事で葡萄狩りしていました。

 山形行ったらそばでしょ。で,道の駅隣でそばを食す。サービスの胡桃そばがきいただき満足。今は新そばが頂けるらしい。いざ、朝日町役場へ。道の駅から,道なりに出向いくと迷わずでむけます。

 横画像で申し訳ない。役場の入り口に、朝日教育の日ポスター。中学校3年生の生徒たちだろうか?亀井先生もポスターに写っていました。役場に入り、りんごで町をPRする企画、提案、会議の資料が随所にあった。地域ブランドというのかな?
a0074653_23214110.jpg

 役場に出向いて、教育長室の横を過ぎて,すぐ横の部屋。
a0074653_23271545.jpg

a0074653_23255124.jpg

a0074653_23303527.jpg

a0074653_23312451.jpg

 
 作品は、本当等身大の中学生たちだ。各学年の作品の中で、入り口にあった1年生の作品は、ありのままというか,飾らない自分の気持ちに向き合った作品だと感じた。ゲームが好きだ。友達が好きだ。限られた色で作るのは難しいだけど・・・とか、先生に詩を書くといわれ今ぼくは悩んでいます等々。
 2年生後半?に取り組む作品も、これも朝日中学校の飾らない生徒たちの声だ。柔道部で頑張っている。バスケ部(が多かったよな?)で選手として頑張る自分。部活動を通して憧れる自分の姿であったり、漫画が好きな自分は〇〇になりたいといった内容が,絵と文章と共に表現されています。

 忘れないうちにメモを兼ねて,会場写真だけアップロードしておきます。会場の詳細は,また加筆・修正します。
Commented at 2015-10-18 06:44 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by hakusuke at 2015-10-18 08:21
急遽決めた日程でした。今日行かないと!=時間がない!!でした。
授業を知る,特に学校外の人に授業のことを知らせるって大切だなと考えさせられました。自分の授業の在り方を見直しするきっかけになりました。ありがとうございました。
別な機会に,じっくり話をしましょう。
by hakusuke | 2015-10-17 23:40 | 日記 今日という日! | Comments(2)