「教育問題」「美術教科指導」等駄文であれこれ感じたことを綴ってます。


by hakusuke
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:鑑賞-民具=趣味( 5 )

企画展 柳宗悦と東北の民芸に足を運んできました。私は卒業論文民具調査だったこともあり、調査した資料の一部が展示されていて懐かしく鑑賞してきました。

 この企画展は、宮城県民芸協会設立40周年企画といった内容で、駒場にある日本民芸館所蔵のものも多く展示されていました。展示構成として、a0074653_0323530.jpg柳宗悦の記した、手仕事の日本に記されている東北の民芸を中心に、本から抜粋した資料を踏まえながら展示されていました。
 入って早々、この『手仕事の日本』原本が展示されていて、興味深く鑑賞してしまいました。

 10年前は、東北と沖縄だったかなぁ?東北の工芸と沖縄の工芸を比較鑑賞するような企画展もあったはずで、この時の展示も興味深い内容でした。

 最近、若者の間で『民芸』が静かなブームのようだ。最近、手仕事のよさが見直され、手仕事に興味・関心を抱く若者も増えているように感じます。書店に出向けば、雑誌ブルータスや、民芸に関連する書籍も店頭に並べられています。

 民芸に、最近興味・関心をもちはじめた方は、上記に取りあげている『手仕事の日本』は、読むべきでしょう。また、簡単に民芸について網羅したい方であれば、この新しい教科書 民芸書籍も簡潔明瞭で、まとまっている内容だと私は感じました。

 この企画展を終わったところに、東北の民芸品が販売されていたので、相馬焼き、大堀焼き、秋田樺や細工など興味ある方、足を運んでみるとよいでしょう。そして、宗悦の言葉を借りるならば、日常生活の中で使用しすることで、民芸の価値を見いだすのでしょう。私は、ちまちま購入しています。

 仙台市街からおいでの方、時間があるならば、東北福祉大学併設の、芹沢銈介記念館にも足を運んでみてはいかがでしょうか。仙台市が一望できる場所で、200円コーヒーは美味です。


a0074653_037550.jpg しばらくぶりに仙台市博物館にでむいたこともあり、売店の雰囲気が変わっていました。京都便利堂の商品を中心として、見ているのも楽しかったです。ついつい、暑中見舞い葉書かわりに、購入してしまいました。仙台市博物館に出向いたら、一度除く価値はありますし、美術の授業で使える、便利道の絵巻物シリーズ購入しようか迷ってしまった私でした。
 

生活に根ざしたデザイン
中南米の工芸←少しだけ芹沢作品がみられます。
 

 
by hakusuke | 2007-08-05 00:10 | 鑑賞-民具=趣味 | Comments(2)
a0074653_2015053.jpg日本橋を渡り,ミニチュア模型を見る。同時に徳川家の御三家の歴史などざっと読む。

江戸時代は大火の町。以下に火消しに力を入れた町だったのかが理解できる。
ついでにもって,フラッシュたくことを忘れた写真。あかりがない世界(時代)って,こんな雰囲気だったのだろう。これでは,忍者が出てもおかしくないなー。
a0074653_20163026.jpg江戸時代の娯楽。楽しそうではありませんか?

ミニチュア模型上手く撮影してみてください!と記してあったが,あまりにもミニチュア作品が精巧であることと,取りたい場面が多々ありすぎて,撮影は困難だった。混み混みってことも理由ではあるけどね。

a0074653_20201562.jpg職人の家。引きもの師だったかなー?長屋生活は本当に狭く,無駄がないつくりであることを知る。
火事が多かったこともあり,“柳こうり”一つしか荷物を持っていなかったとのこと。

うーん。部屋整理も含め,江戸時代の方々を見習わなくては!私は物持ちです。目下,無駄な物品整理に追われております!!
a0074653_20252291.jpg自宅出産ですね!!
兄ちゃん正座してみている姿。親のしつけか?
この横にあった,纏(まとい)を持ちふらつく。「この纏は,15KGあります」と記してあって,火消し隊の体力と根性に驚いた。これ持ち上げて,屋根に乗るんだよね?

知人の様子を映させて貰えず画像なし!

と・・・ずーっと,江戸ゾーン見てきた。午前中も鑑賞していたので疲れてきたこともあり,東京ゾーンはあっさりとしか見ておりません。新年にでも見に行こう!

5階の明治時代の電話などに触れ,鉄アレイか?この重さ?と感じたのでした。

個人的に気になった本屋の写真で〆

More
by hakusuke | 2006-11-28 20:48 | 鑑賞-民具=趣味 | Comments(0)
駅降りて,目の前の江戸東京博物館!修学旅行での引率依頼久々の来館だ。ビロゲーコレクションを見に来ている客なのか,日曜だからなのかな?1階の甘みどころにしても,異様に混んでいた。
 
 a0074653_23191534.jpgチケット購入しようとしていたら,アラーキーが,プレスの方らしき方々共に横で話をしながら通り過ぎていきました。
 学生時代に写真の講義も受けたけれど,私にとって荒木経惟氏は,写真家というよりその辺にいるおじさんといった印象しか受けない。「だいたい何で江戸東京博物館に来ている?」と感じていたら,この展示があったからであろう。知らないで出向いておりました。ははは・・・
 ついでに記すならば,今リンクしながら,展示内についての案内を読んでみた。26日(日)は,この「東京人生」に関連したイベントがあった日。輪をかけてイベント時間に近い時間帯に,私はチケット売り場に並んでいた。無計画で,出向いたことが理解できる。

 この展示に関しては,のちのちも記すが,1階チケット売り場横にも,アラーキー特有の色鮮やかな花写真A1ぐらいの大きさだったかなぁ?30枚近く展示されていた。毒々しい印象すら与える写真だ。彼にとって花=女性をイメージ?コンセプトにしていることから,そのように感じさせるのかもしれない。


a0074653_23371398.jpg 結局,あの並んでまでチケット購入に耐えられず,3階チケット売り場に出向く。吹きさらしの3階は,すぐチケット購入できたが,風が冷たい!寒いー!
 高所恐怖症の方には,不快感を与えるようなエスカレーターにのって6階へGO
 わーい!わーい!!日本橋だ!そこでも,「なに?あの映像??(左写真参照)」この時点でも,アラーキーと江戸東京博物館コラボ作品だと気づいておりませんでした。

a0074653_23422672.jpgはりきって,日本橋真ん中を歩いてみる。左側には歌舞伎座=休憩所がある。下には,山王祭りの山車が展示さてている。

やはり,この場所も高所恐怖症の方は×だと思う。というか,この橋を通過できないいうことは,展示品見られないのだろうか?

ここで,知人に指摘されアラーキーと江戸東京博物館のコラボ作品展示会が行われていることを知る。
a0074653_2354832.jpg

江戸時代の方々だって,これだけの交通量だったのだろうか?
一つひとつ雰囲気や衣装の違う,ミニチュア模型,鳥瞰図的な家の模型にも感心しつつ,展示会場をまわる。江戸ゾーンの模型の周りは老若男女・世界各国の方々も鑑賞しているので,混んでおります。だんだん疲れてきた。常設展見るだけもで広い会場ですからね・・・。



続きは後日・・・




 
by hakusuke | 2006-11-28 00:28 | 鑑賞-民具=趣味 | Comments(0)
a0074653_17264074.jpg
久々に,芸大美術館に足を運んできた。鑑賞してきた展覧会は,“The Wonder Box-ユニヴァーシティ・ミュージアム合同展”である。

 展覧会の概略を記すと,国立大学協議会に加盟している37機関の内25機関が参加して,各大学所蔵博物館の1点を展示する内容である。

 入って早々,「おっ!」北海道大学総合博物館の,“ニッポノザウルス・サハリネンシスが”お出迎えする。復元模型ではあるけれど,非常に精巧な資料だ。父上曰く,北大には随分と恐竜の資料があるらしいが,私は今だ出向いたことがない。ポプラ並木とクラーク博士しか,イメージが浮かばない。なんて貧弱な発想なのだろう。
 
 ぐるりとまわって,後ろに展示されていた“ニホンアシカの剥製標本”の顔に驚く。アシカの耳の小さいことに驚きつつ(女性の小指爪より小さい),水中生活でもあるから退化したのだろうか,聴覚を必要としない動物なのだろうか,ひれ?足の部分?が,これが人間で言えば足に進化したのだろうかなぁ・・・などと感じてしまった。ガラス目玉のせいなのか,牙が向きだしなので,顔が怖かった印象を受ける。

 琉球大学資料の,“イリオモテヤマネコ”の,丸ごと皮剥も,きれいすぎて驚く。なでたいなーと感じた。子供ミイラも実はあったのだ。

 信州大学の雷鳥と,季節と共に,羽が抜けかわる資料(スケッチ)は,非常に興味深く,その横に展示されていた,日本で一番大きな隕石も見物であった。
a0074653_17275380.jpg
 歴史資料として,興味深かったのは,新潟大学所蔵の,佐渡金山の絵巻だった。金山発掘から,金鉱脈をあて,砂金洗いをする姿。その後小判づくり,目方をしらべる様子が,細々と記されていた。歴史資料ではあるけれど,「縄文時代の足跡なんて,どうやって見つけたのだろう?」と感じた香川大学博物資料。フレスコ画を剥がすように,土ごと標本されていた。

 九州大学の人骨資料に関しては,有名ではあるけれど,あんなにあると気持ち悪いなぁ。あごががっちりしているから,縄文人ルーツ骨格・弥生人ルーツ骨格を比較して,鑑賞したところ,私はどちらかといえば,縄文人骨格なのだろうか?とも感じた。体型も?

 出口近場にあった,宮崎大学農学部付属農業博物館資料であった,“屋久杉の円盤”知人が,「これだけ,でかい(大きい)ちゃぶ台欲しいなぁ!」と漏らしていて笑えた。私が両手広げても端がまだみえた。樹齢1600年だったかな?非常に非常に,大きな木だったのだ。いや,大地,生命力の素晴らしさすら,感じました。1600年の歴史を語るちゃぶ台・・・。
  
 各大学・博物館等の学術資料の展示でもあるので,今の私には,興味・関心がない資料も,数点展示されていた。興味ある方には,有効な資料なのだろうが,私が鑑賞しても,何がすごいのかすら理解できなかったりもしてね・・・。しかし,絵画資料,動物資料,天文資料,植物資料等,これらの資料を生かして,研究に励んでいる方々もいるのだろう。今は研究成果が生かされなくても,いつかこれらの研究がもとになって生かされる時代が来ることを祈ろう。

 パンフの裏面ををアップしてみました。展示内容について,大まかにつかむことができるかもしれない。このパンフも画面構成がすっきりしていて,見栄えがよいデザインだと感じた。

東京芸術大学美術館
by hakusuke | 2006-11-27 19:30 | 鑑賞-民具=趣味 | Comments(0)
 今若者達に,民具・民芸は静かなブームである。恐らく,雑誌のブルータスをはじめとして,宗理デザイン,柳宗悦といった人物が雑誌で取りあげられていることから,民芸愛好者が増えてきたように感じる。
 私は民芸・民具の流行するだいぶ前から,民具をみることは好きだった。そのようなこともあって,卒論の研究対象となったひとつとして,このバンドリを取りあげている。わずかではあるが,バンドリは今の自分が制作している内容に影響は受けている資料である。
 私は,民芸・民具というより,生活に根ざした美とは何か?を勝手気ままに考察するのが好きなのだ。その民具が使われている・いた地域に出向くこと,その地域の方々の生活様式を調査することが好きなだけです。単に旅行好きと思っても良いでしょう。

===================================
 今回は,「藍」。ブログリンクされている方と共通するものとして「藍」について記す。
多少馴染みがあるだろう「藍」に関して私が受ける印象をつらつら・・・。
趣味の分野なので独断的解釈が強い文章です。

 「藍」・・・別名,ジャパンブルーとも言われるが,地域によって色合いが違う。ついでに記すならば,日本の「藍」と,インドの「藍」はだいぶ色も違う。藍たての方法も違う。

 どのような色あい?
東北・北陸の藍染め・・・・・・・・全体的に濃い藍の色。油絵の具名ならばプルシャンブルー。
関西・四国・山陰の藍染め・・・比較的淡い色合いの藍の色。
                   油絵の具ならばターコイズからコバルトブルーにちかい。
*山陰・博多のの絣は,結構阿波藍使用しております。

何故色が違う?
 やはり,土地・風土の違いであろう。自分が長年住んでいる東北地方(宮城)の気候から推測すると,冬は寒い。東京都と比較するならば,断然冬は寒い。特に,現在の自宅は山沿い。冬の雪が多い日は外に出られないし,積水ハウスだろうが,玄関が凍る。本当に時々ではあるが,玄関を解凍してから出勤する。
(注意)宮城=仙台市と感じている方多いので記します。仙台は私が記しているほど寒くありません。我が家は仙台市ではありません。ずーっと山奥です。

 私は日本海沿いに住んだ経験はない。しかし,卒論を書くため,このバンドリの実測で4月16日に山形・月山付近に出向く。3mの雪が!うわわわ・・・。しかし,地域のおじいさん。「あぁ降ったね」とあっさりしていた。2階から出入りしていたし。この4月に出向いたのも,冬季はこの実測地域車入りできなかったのだ。
 青森の刺し子。菱刺しに用いる布も濃い藍色。輪をかけて寒いからでしょうね。糸を刺して模様をつくり,生地丈夫にする。白で刺し子文様つくるのは雪からなのか?
 記せばきりがないが,東北の藍は全体的に濃い。

 では,ブログリンクされている方の阿波藍について,国府町に出向いた時の印象。あのときは,9月3日に出向いたけれど,カラリとした気候だった。1週間くらいカラカラした天候だった。というか暑かったかもしれない。暑さに耐えられることと,ちょっぴり旅行だったから,地域のことは分かりません。
このカラリが地域性なのかもしれない。こちらほど雪降らないだろうし。日差しも全然違う。ジリジリ・・・といった印象は受けた。大歩危・小歩危に出向いたときも。

論文でもないので,〆となる言葉が思いつかず。

私の文章読むより,具体的に見てもらった方が早いだろう。
 千葉家は,正藍染といって,火は使用せず,自然発酵する時期だけ染めるという。今までの紺屋の常識から外れた方法なので、昭和30年5月12日、重要無形文化財に指定された。今の後継者は3代目。


宮城で「藍」いったら,千葉家
徳島で「藍いったら国府町
民芸に興味ある方は一度は足を運んで欲しい。日本民芸館
by hakusuke | 2006-10-07 20:57 | 鑑賞-民具=趣味 | Comments(0)