「教育問題」「美術教科指導」等駄文であれこれ感じたことを綴ってます。


by hakusuke
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:宮城県・展示情報( 63 )

二つ展に出むいて

 せんだいメディアテークにて、仙台二華中学校高等学校美術部展「二つ展」に出向いてきました。
以下、顧問の鈴木雅之先生から「拡散してOK!」と承諾得ているので、私的な感想を含め、紹介させて頂きます。
 エレベーターで6階に降りると、ど迫力の大判ポスター。大判の域を超えていました。部員の皆様が丁寧に芳名帳のお願い、対応をしていました。
a0074653_21323262.jpg


 展覧会の順路に沿って、グルグルと。メディアテークに足を運んだことがある方は分かるかもしれません。6階と5階の展示会場の高さは違います。この天井高い場所に所狭しと、美術部の1年間の取組が陳列していました。また、6階会場は人気で、抽選会で埋まる場所でもある。だから、確保できたこともすごいことだと感じた。

a0074653_21393566.jpg

 二華中高に出むいたことがある方は、分かるだろう。作品に対して、感じたことをコメントカードに記して、キャプションの脇に添えられている。会場の数カ所に、「励みになります。コメントをよろしくお願いします」とカードがちらほら。作品の脇にコメントが多々!
a0074653_21382380.jpg

a0074653_2144146.jpg


 中高一貫校ですから、中学生の作品も掲示されています。当然高校生の作品も展示されていて、6年間の美術部の取組を垣間見ることもできます。生徒たちが一生懸命,寸暇を惜しんで創作していることが伝わります。映像ブース?もあり、短時間で活動を紹介するコーナーも、実に興味深かったです。
a0074653_21482141.jpg

a0074653_21513875.jpg

a0074653_21595339.jpg

受付の生徒が,卒業生の作品を解説していました。このご年配の方。随分熱心に話を伺っていたような・・・。
a0074653_21472431.jpg


 奥のコメント書きコーナー。春に入学する生徒なのでしょうか?かなり熱心に作品を見入っていたようでした。お子様は熱心にコメントを書いていました。会場でいただいたパンフレットに加え、指導主事訪問の指導案集にも、生徒作品が利用されていて、生徒たちの取組が配信される良さを感じました。
a0074653_2158380.jpg

a0074653_2152272.jpg

a0074653_2215113.jpg

 大きく撮りそびれてしまいました。ベランダプロジェクト。様々な学校の生徒さんたちが描いた作品が、タワーのように積み重なっていました。県内外あちこちから、〇中、〇〇高校よりなどなど・・・。最終日はどうなることやら?
a0074653_221328.jpg

 パンフレットも非常に見応えがあります。是非,会場に出向いて頂いてくださいませ。私は市の研修会で配布すべく、腕の筋トレ兼ねて数冊いただきました。ありがとうございました。

 この展覧会の良さは様々あると思うのですが、一番は生徒一人一人の表現したい思いを引き出していることが良さでもあると感じます。会場で作品を見ると、皆描き方にしても,色遣いにしても全く違います。非常に写実的な作品もあれば、どちらかと言えば心象風景のような作品もあり、中学生に関して言えばコラージュあり等々。だから、面白いのです。生徒たちが素直に作品に向き合っていることが伝わります。

 新年度準備に忙しいとは思いますが、時間が許せば是非足を運んで見ると良いです。生徒たちの取組、鈴木先生の計画、様々なエネルギーをいただくことができた展覧会です。
by hakusuke | 2015-03-30 22:12 | 宮城県・展示情報 | Comments(0)
 先日参加した気仙沼大会の様子がMerry Projectのこちらにアップされています。報告も交えて紹介されているので、是非お読みいただきたいです。

 写真を見て感じたことは、笑顔があるっていいなと感じました。震災直後、職場で笑わないということはありませんでしたが、疲れた、明日はどうなる?といった気持ちが強かったことを覚えています。ましてや、津波を間近で見た、体感した子どもたちは、私以上に不安な数ヶ月を過ごしていたこと想像します。

 笑顔の凧はタイ・アユタヤに飛び立ち舞い上がったよう。世界に平和が訪れますように。


by hakusuke | 2012-11-17 08:46 | 宮城県・展示情報 | Comments(0)
a0074653_21124610.jpg


 裏面
a0074653_21171128.jpg


 裏表紙に掲載されていた部会長先生の言葉

More
by hakusuke | 2010-10-30 21:05 | 宮城県・展示情報 | Comments(0)
a0074653_21541794.jpg


 造形教育作品展を見てきました。個人的な感想は,前年度に比べると時間をかけて描いた,描き込みされた作品も多く,また想像力を働かせて描いた作品も多く,見事な作品が多かった印象を受けました。私自身,次年度このような指導もできるなぁ・・・と,参考にしながら見ていました。
 全体的に,「自画像」を題材とした作品も多く感じましたが,個々の持ち味を表しているというか,描いた子どもらしさっていうのかな?表情だったり,色合いだったり,描き方もそれぞれ違っていて,興味深く鑑賞できました。
  
 毎年見ている,造形教育作品展。この展覧会のよさは,幼稚園,小学校,中学校の展示が同じ場に展示されていることだと私は感じます。また,中学生には特選作品と賞がつきますが,小学生には章がつかないこともよいことだと思います。そのほかに,中学校部門はもちろんのこと,小学校,幼稚園の児童たちが,どのような思いで描いたのかコメントが必ず添えられていることです。

 昨年の展覧会後,奥村先生の『子どもの絵の見方』に関する本が発売され,また,ネット上に紹介されている幼児の絵を見る機会が増えました。私は,昨年に比べて,絵を通して子どもの思いを感じ取れりながら見ました。

 ただし,今年から残念なことに立体作品の出展が×になったことは惜しい。市展で,他校の実践を見せてもらいましょう。

 最後に,昨年度から,発売されている造形教育作品集も購入しました。以前も別ブログにも記しましたが,審査会からこの展示日初日まで,本当に間がないない中で,とても素敵な冊子にしていただき頭が下がる思いです。昨年度は,地域ごとある程度ページもまとまっていました。今年は,特選とは別に,入選作品は,学年ごとにページも分けて印刷されていました。本当に感謝もうしあげます。作品集表紙につづく・・・

2009年の感想



にほんブログ村 教育ブログ 図工・美術科教育へ
にほんブログ村
by hakusuke | 2010-10-30 20:57 | 宮城県・展示情報 | Comments(0)

60kg

・・・・・・・・・・の野焼き用粘土をもらってきました。

 当初、藤沢の野焼き祭りも検討していましたが、製作時間と乾燥時間を考えると、ちと難しい。野焼き祭りの歴史が古いのは、断然藤沢でしょう。しかし、ここ数日地震も時折あるし、早く復興してほしい願いもあるので、こちらのお祭りに参加することにしました。粘土でできることをあれこれやって、焼いてもらおうと思います。
by hakusuke | 2010-07-03 20:43 | 宮城県・展示情報 | Comments(0)

県造形展に出向いて

a0074653_1793143.jpg


 造形展に足を運び考えたこと。防備録として記しておきます。

 ①展覧会出展に向けての、校内の指導方法。
 ②展覧会出展に向けた作品の大きさ。
 ③展覧会出展に向けて指導のあり方。

 県展出展前に市内の美術担当者が集まり、出展する生徒作品を選択します。現勤務地であれば、10月上旬に作品として提示できる状態は、事業時数からも結構厳しい状態です。今年の審査状況については、こちらに記しています。

 例年焦って市内の審査会に持参することもあったため、行事や指導時間を見直ししました。先読みをした指導を心掛けて指導をしてはいたものの、現実は厳しい状態でした。画面の大きさも、昨年描かせていたB3からF6に小さくしました。小さい画面にしたことは、適切だったのか疑問です。しかし、生徒たちにとって、無理なく制作に集中させることができたと思います。 
 ワークシートを見直ししてみたものの、全生徒が活用して表現に生かしていたとはいえません。活用できるワークシートだったり、表現の一時間の目標をもっと明確にしていく必要があったのでしょう。

 ③ 自分の幼い頃に指導されたこととがネックになっているので、今は書けません。 
(11月2日追記) この記事を書いて、その後山崎先生ブログのエントリーに記したコメントと、本日生徒との話から、なんとなく今後の指導がみえました。私が手を加えたくない理由。
 
 
☆ 造形展作品集   

More
by hakusuke | 2009-11-01 17:13 | 宮城県・展示情報 | Comments(0)

宮城県造形教育展作品集

 昨日,宮城県造形教育作品展に行ってきました。会場では、平成21年度宮城県教育作品集も発売されていました。
a0074653_16331831.jpg

 平成21年度「宮城県造形教育作品展」中学校の部作s品集発刊に寄せて
 (裏表紙より紹介)             宮城県中学校教育研究会美術部                  部会長  庄司 明弘 

 「幼児・児童・生徒の造形的創造活動を盛んにし、豊かな表現力を養うとともに、本県造形教育の充実振興を図る」という趣旨のもとに、平成21年度宮城県造形教育作品展を10月28日~11月1日まで、宮城県美術館県民ギャラリーで開催いたします。宮城県内から、児童生徒の造形作品を展示し、多くの来館者に鑑賞していただきたいと考えています。
 宮城県中学校教育研究会美術部会では、平成11年~平成14年どまで、中学生作品のうち「特選」について作品集を発刊しておりましたが、その後諸事情により発刊を取りやめておりました。
 しかし、本年度は、「第56回東北造形教育研究大会宮城県大会・第56回宮城県造形教育研究大会仙台市大会」の開催にあたり、「特選」だけではなく、中学校生徒作品全てを作品集に納め発刊することに致しました。
 年とと美術の授業時数が削減され、内容豊富な指導内容を3年間115時間ですすめるなか、素材等を工夫し、個性あふれた作品を多く出品していただきました。ぜひ、ごらん頂きたいと思います。
 「宮城県造形教育作品展」作品集は、単に記録としてのみにとどまらず、美術科の諸先生方の研修資料として活用いただければ幸いです。




<以下私の感想>
 

More
by hakusuke | 2009-11-01 16:31 | 宮城県・展示情報 | Comments(1)

段ボールガンダム

a0074653_1857029.jpg
 

 仙台の丸善1階フロアーで段ボールガンダムが展示されていました!
塩釜高校の文化祭出展作品。塩釜高校の段ボールガンダムは、一部マニアから有名。来年から、塩釜高校は共学になるので、この段ボールガンダムはどうなるのだろう?
by hakusuke | 2009-10-11 18:59 | 宮城県・展示情報 | Comments(0)

日展~100年~

by hakusuke | 2007-09-22 10:49 | 宮城県・展示情報 | Comments(0)
 本日まで夏季休暇です。「公務員(教員)って休みとれていいよねー」と,半分妹から,愚痴メールが・・・。「そんなら教員採用試験受けてくれー」とでも返信しようか考えた姉なのでした。旅行で仕事逃避していたので,ぼちぼち教育モードに切り替えねば・・・。

 旅行を終えて自宅に帰省し,本日は宮城県美術館に企画展彫刻とは何か鑑賞に出向きました。仙台は小雨に22度と過ごしやすい気候でした。

 私は,彫刻が専門ではないので,概論・日本美術史としてしか把握していません。この展示内容は8つの展示構成になっていて,明治から昭和初期までの彫刻作品を展示していました。木彫,石彫,彫塑等時代を追いながら作品を鑑賞することができます。久しぶりに,高村光太郎や萩原守衛,船越保武等の作品を間近で,落ち着いて(宮城県美術館込んでいません)鑑賞することができ,日本彫刻のすばらしさに気づかされました。
 
 事前エントリーで予告していたとおり,展示内容が素晴らしい企画で,この企画を終えたら,東京からの巡回展で展示する『日展100』と関連させて鑑賞すると,日本の美術家たちが素晴らしい作品を創りあげてきたことに気づかされるでしょう。
 
a0074653_21484587.jpg この展覧会は,三重県立美術館と東京国立近代美術館に巡回するようです。また,図録兼書籍が販売されていました。この書籍購入して,興味のある時代は読みました。執筆内容がわかりやすく,一読後再度展覧会場で作品を鑑賞したいと思います。日本彫刻の近代
by hakusuke | 2007-08-17 20:50 | 宮城県・展示情報 | Comments(0)