「教育問題」「美術教科指導」等駄文であれこれ感じたことを綴ってます。


by hakusuke
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:職員室から?( 110 )

下地塗り完成☆

a0074653_22150438.jpg

 美術部だってやるよ!
 10程ある部活動の応援パネル作成中です。生徒会予算が下りたので,当初予定していた発泡スチール板を購入してきました。天気も良く,似よいがこもることがないように,中庭で噴射です。模造紙に描いた下絵は完成していたので,淡い色合いの部分は,ざっくりとスプレーで色つけをしました。スプレーは楽しいですが,噴射加減が難しいですね。中庭で,色見本を参考にしながら,グラデーションにしたり,意図的にムラをつくったり。中庭のジャリがイロトリドリに・・・。
 明日から,イベントカラーで彩色です。3年生を筆頭に,グループ毎につくり,中総体までには間に合わせよう。


 
by hakusuke | 2017-05-16 22:24 | 職員室から? | Comments(0)

教員向けの鑑賞講座

昨日、つまり13日(土)宮城県美術館で教員向けの鑑賞教育の研修会があり、参加してきました。3日間行われた研修会でしたが、平日の参加はちょっと授業もあることから、土曜日に参加の申し込みをしました。部活動指導後、そのまま県美へでむきました。 全部で15,6人ぐらいの参加だったでしょうか?特に自己紹介は行いませんでしたが、小中学校、特別支援学校、高等学校の教員が集まったようです。

当初、特別展のイメージは見たことのある作品かも、東北の画家たちだから、ちょっと暗い雰囲気の絵かも。。。なんて考えてもいました。しかし、学芸部長から簡単な解説と、2つのグループに分かれて鑑賞することで、作品への味方が変わりました。また、学区から見つけられ展示されている大型作品もあったので、生徒たちにとっては親近感をもたせられるかもしれないと感じました。

絵画、版画、東北を代表する8名の作家作品に3部構成の展示内容したが、とても有意義でした。現実問題、学年の生徒たちを引率することは難しいですが、美術部員ぐらいであれば引率して、作品を楽しみ、親しみをもたせることができそうだと感じました。具体美術の菅野聖子さんの作品も、グループワークで鑑賞しましたが、彼女のような作品を好む生徒だっています。タイミングを見計らい、連れて来たいです。

鑑賞会後、参加者と主催者が集まり、自由にトークセッションをしたわけですが、発達段階にあった表現活動と評価に関すること、地域にある資料や施設の有効活用、県美へ引率した際にどんなことができるか等意見交換もなされました。

今日観た作品の作家から、斎藤義重のマチエールが良かった。萬鉄五郎の初めて版画を見ました。
by hakusuke | 2017-05-14 11:01 | 職員室から? | Comments(0)

美術部も頑張る!

a0074653_9252268.jpg

連休も終わり、運動部は中総体に向けて練習に力をいれて取り組んでいます。今まで運動部畑の私は、未だに放課後室内で活動している体制に慣れませんが、慣れていきたいと思います。運動部の生徒たちは、6月に行われる中総体に向けて力をいれています。土日の練習も、対外試合に出向き体を鍛えています。美術部は、楽そう、暇そう。。。なんて言われたくないです。活動しています。発想力、表現力を鍛えています。


以前もあった応援旗。恐らく作り変えはしていないのでしょう。運動部の応援を兼ねて、各部の横断幕に近いパネル作成をすることにしました。3年生を中心に、各部の部長に部活動の応援旗の要望を提出して貰いました。これが連休前のこと。その後、2年、3年部員で、12ほどある部の図案をアイデアを持ち寄り再考しました。複数のアイデアの良いとこどりです。文字の雰囲気が使える案もあれば、絵柄が良いものもありました。これらを集約して、原寸サイズで下絵を描き、只今下絵作成中です。レタリング字典も使う、特殊な書体も使う等、結構忙しい。また、部費も限られているので、部室に残っている色をみながら、彩色する色を検討しています。今日はスプレーでフワッと色をつけた方が良いのか?混ぜてつくる色を検討したりしました。

これからの時期、各グループにいる3年生は、修学旅行準備でいない日もあります。顧問だって不在にしてしまうこともあります。そんなこともあり、誰が見ても、次にどんな色を塗るのか?色に割合など、詳細に記した見本もつくりました。

そんな中1年生は、技法の体験。上級生がスパッタリング!ぼかし!ヒラ塗り!と言ったら1人でもできるように、試作体験をしていました。来週から、上級生にまじって色塗りに参加してもらいます。

目指せ!中総体激励会まで仕上げるぞ!!アイデアは、職員もすごいね!と褒めるくらい、よく考えられた案だと思います。
by hakusuke | 2017-05-13 23:07 | 職員室から? | Comments(0)

美術部の活動

a0074653_22502888.jpg

  美術部顧問になり,早くも1ヶ月。初の文化部顧問になり,土・日のいずれかに対外試合に出むくことが内ので,基本的に休日です。GW中、運動部顧問の皆様は,恐らく大会、練習でしょう。変な意味で,体が慣れません。職業病なんだろうか? 土・日活動しないのもなぁと思い、月2回は美術部だろうと活動することを決めました。仕事が遅いこともあり,部活動ある・なしに関わらず,土曜日は学校に出向いていることが多いからといったこともあります。
 本日は,連休中もあり,地域では田植えの時期。無理して来い。来い。とは言いませんでしたが,各家庭から野菜1品持参。野菜のスケッチを行い,その後カレーにして野菜は食べてしまいました。まるごとの野菜にはじまり,時間を決めて包丁を使って断面を見てスケッチをする。3年生部員の協力もあって,1時間ほどで調理は手際よく進めることができました。昼時にかけて,調理が終わるようにしたので,スケッチを見せ合いその後昼飯を兼ねて食べました。玉葱がたくさんで美味しかった!この皿は,片付けが楽に済ませることと,あとは部活動で使う絵の具を溶いて刷けで塗るときにも使用します♪
a0074653_22560115.jpg

 我が校の美術部。5月で新入部員も確定しましたが,恐らく校内で一番部員数が多い部でしょう。特設活動部の方に重きを置いて、所属している部員もいるので,部員数は多いです。

 運動部はなんだかんだで大会があります。しかし,美術部は個との戦いです。ですから,積極的に作品をつくることをはじめ,自分で目標を立てて何かしら活動しないと実績らしきことがないまま活動を終えてしまいます。「美術部って楽だな」といった雰囲気だけは作りたくありませんので,美術部も活動しているぞ!PRはしていきたいと思います。一生懸命に部活動に取り組む生徒たちなので,これらをバックアップしていきたいと思います。そんなこともあり,Ⅲ期に年間部活動計画を立てた結果、Ⅰ期は中体連の横断幕作成。横断幕とは言いませんが,各部活動の応援を込めたパネルを作成します。今は図案練り直し段階です。 同時進行で、年内に2点は必ず公募展に出展も目指します。また,部活動ガイダンスでは,日々の活動で作品として形にならなくても,美術鑑賞レポートや毎日スケッチをして作品を貯めていくことも大切であることも伝えました。

 いずれにせよ,美術部=部員数が多い,自由な部といった雰囲気だけはつくりたくはありません。何かしら目標をもたせ,取り組ませていきたいです。  
by hakusuke | 2017-05-03 22:47 | 職員室から? | Comments(0)

特別支援教育あれこれ


 ここ数日は,特別支援に関係する会議、研修会に出向き勉強させて頂いておりました。
元々特別支援教育に関しては興味関心はありました。誰もが学べる環境って何だろう?と自問自答しながら授業を考える。生徒が「できた!」「分かった」が言えるようになるためには,どんな働き掛けができるか、考えながら授業をつくる。
 
 日野市の取組は注目していたけれど、この本の内容はかなり参考になった。別に特別支援云々ではなく,このような環境をつくっていけばいいのだなと思えた。
 
 昨日は、某支援学校で医療講話を研修会の一環として聞くことができた。医療を知ることで,見立てができる、もしかしたら?と考えることができる有意義な研修だった。何コマかは聞いたけれど、特にこの内容が参考になったので、講話の最後に紹介されたこのサイトを紹介します。あとで、養護教諭にも紹介しようと思う。
by hakusuke | 2015-08-08 21:27 | 職員室から? | Comments(0)
新年度が始まりました。始業式・入学式、2日目は授業開き。久々の学級担任となり、生徒の実態把握も含め丸一日生徒についていた。また、教員経験数相当の分掌を与えられているので,同時進行であれこれ動いていました。

 学校体制として行事や学年で統一した指導方針で生徒を動かすには、学級の動き、学校全体の動きと両輪で考えることを求められます。校内の誰に相談すると,動きやすいかな?なんて考え動いていました。同時に学級の生徒が自分の力で動けるためには, 校内職員との『報告』『連絡』『相談』を密にすることは大切です。忙しさに負けて,一つ欠けてしまうとややこしくなります。職員室内の笑い、語らいも大事にしたいところです。

 新年度体制は忙しい。本当忙しい。だからこそチームワークは大事にしたい。息抜きも適度に行い、4月を乗り切りたいものです。
 
by hakusuke | 2015-04-12 18:58 | 職員室から? | Comments(0)
 校内合唱コンクールに伴い、生徒も職員もどことなく落ち着かない日々が続いていた。

 24日,秋晴れの中、無事に校内合唱コンクールを終えた。

 1ヶ月前から強化練習期間が設けられ、生徒たちはいつもより早く登校。歌う。放課後練習。わずかな時間ではあるが部活動。最上級生は、昼休みも歌っていた。

 中間発表時、「すでに出来上がっているのでは?」と思うぐらいの歌声だった。中間発表会時、ビデオ撮影をしていた私。生徒には、「どこが駄目でした?」と聞かれたけれど、どこが?駄目ってことを答えることは私にはできなかった。給食時間に、映像見直して彼らたちなりに「指揮者は〇〇するといい」とか「〇と▽の立つ位置変えたら、よくなるかも」等々アイデアを出し合っていた。

 会場では素晴らしい歌声を響かせ、保護者も涙していた。各学年、学年相当の歌声を響かせていたし、学級の個性を感じさせる歌声だったと思えた。

 審査中にただただ待っているのはつまらないとなり、数年前からメイキングオブ合唱コンクールを上映している。ビデオと写真を、各学年の企画委員で分担して撮影する。今年は審査が難航すると思い,28分の映像で合唱コンクール当日までのあれこれを振り返る。

 昨年は20分程度におさめた。審査が難航し,しばし生徒たちを待たせた。今年度も審査は難航すると思い28分映像とした。正解だった。映像が終わって,審査員の方たちも速やかにステージに上がっていただけた。生徒たちに間延びさせることなく結果発表へ。

 私自身は,生徒たちには申し訳ないが結果は気にしていない。どんな成長があったかなぁ?どんな気付きがあったかな?の方が大事に捉えている。

 やはり最上級生は、結果発表となった間。シーン。観客の保護者もハンカチを握る。怖いくらいの静寂。一瞬「わーーー!」とはなっていたけれど、どのクラスも満足に歌いきったのだろう。はっきり言って何が良くないってことが、分からなかった。私自身は,自分の係・仕事の関係上,モニターでしか本来の歌声は聞いていない。モニターで見ていてもスピーカーは震えていたように感じた。モニター見る限り、どの学級も歌声は響いていたし、表情も良かったし、僅差の結果だったのだろうと思えた。

 この感動を,今後生徒たちは受けとめるだろうか?

 蛇足。3年生は、美術の授業で、合唱コンクールのイメージ画を制作している。1週間ずれて完成って、自分の計画の甘さに反省。辛うじて高校説明会頃に、校内掲示か・・・。あぁ反省。




 
 
by hakusuke | 2014-10-25 07:33 | 職員室から? | Comments(0)

運動会を終えました

 秋季大運動会が無事終わりました。例年、新学期がはじまってすぐに運動会練習を始め実施します。始業式、学級活動、その後練習三昧の日々ですから,職員間でしっかりと打ち合わせ実施です。
2・3年生の生徒たちは、例年のことだからあまり気にしていないかもしれません。

 今年の練習期間は,さほど暑くならず、具合が悪くなる生徒は少なかったように思います。運動会中も怪我らしい怪我はなく安堵です。

 運動会当日。お天気レーダー見ていたら雲が・・・。行進を終えたら、一気に雨がざぁああ・・・。子どもたちを体育館、教室に戻しました。雨は一時的なもので止みましたが、校庭が使えるか?めっちゃり、ぐっちゃり。実施判断を待つ生徒たち、保護者たち。

 最終的に、実施判断し運動会を行いました。体育科から陸上用のマットを引きちぎり、校庭の水を吸い取りました。保護者の皆様も一生懸命吸い取っていただき、感謝申し上げます。

 はじめのレースはいささかどろんこレースに近いものがありましたが、生徒たちは思う存分動きました。午前の部最後の演技に関しては,しっかり校庭もかたまり見事男子組み体操を終えました。

 午後の部も順調に進み、当初の予定より30分遅れで終えることができました。招集係や新興係の上手な働き掛けもあり、生徒たちは一生懸命動きました。

 大会を終えて、生徒も教員も笑顔。本日は振休日です。次の行事に向けて、また目標を持たせていきたいです。

 
by hakusuke | 2014-09-01 08:25 | 職員室から? | Comments(0)

修学旅行と食事

 修学旅行引率をすると、日頃の食事を大切だと感じます。特に、学生を対象にしていることと、移動時間や活動する内容に応じて管理されています。そのため,弁当、揚げ物は多く、野菜は少なく,味付けの濃いものは多いものです。1日程度ならば妥協できるのですが、どことなく嫌気になります。気合いで食べる生徒もいますが,3日目あたりになると、残す生徒も少なくありません。形式上、食事の時間は確保しなくてはいけなく、残す生徒を見てしまうと唸ってしまう。しかし、強くは「食べて!」とも言えない。引率で、特に修学旅行の引率は「これは美味!」といわれる食事にありつきたいものです。飽食と言われるご時世の、我儘で申し訳ない。

1日目
朝食は各自おにぎり程度の弁当。昼食はサンドイッチにおかず入り。夜食はビュッフェという名のフライドポテト盛り盛り。トマトパスタ、リゾット等盛り盛りだったそうな。
*出張だったため、19時過ぎから合流したため聞いたのみ。

2日目
朝食はホテルだったので、洋食バイキング(スクランブルエッグ、トマトニョッキ、チキンナゲット、フライドポテト、レタス、きゅうり,トマト、フルーツ3種、パン3種、飲み物牛乳、オレンジジュース、リンゴジュース、グレープジュース、珈琲・紅茶)
昼食は、私は和食。生徒たちは自主研修をしていたので何食べたのだろう?
夜食は、TDL内にて、和食。唯一和食食べられる「北斎」。
恐らく生徒たちは「北斎」に入る生徒なんぞいないだろう。渋すぎる!館内の洋食レストランに出むき食事を取るか、ポップコーンやチェロス等でも食べたのであろう。館内で見付けた生徒に「夕食食べた?」と聞いたところ、「昼がっつり食べた」とか「ハンバーガー食べた」と言った返答だった。館内のレストランは、生徒のお小遣いから支払うにはちと高額であり、グループで動いていると「高いからいい!」「アトラクションに乗るから簡単なメニューにしよう」なんてことも考えられます。

3日目
朝食は、同じホテルに宿泊だったので2日目の朝とほぼ同様。ちょっとサラダの内容は違ったような?
昼食は、デミハンバーグ弁当。
a0074653_2234024.jpg


 生徒たちの中にも、3日目の昼食を終えたら、「またぁ?(洋食)」といった声もちらりほらり。学校へ戻る途中、「ばあちゃんの煮付け,味噌汁が食べたい」といった生徒もちらりほらり。深夜は、深夜で生徒たちの番人となる。いずれにせよ、体調管理あっての引率です。


 修学旅行の引率は何度か関わっていますが,最初に記したとおり、時間で動くことや大所帯で動くので,味付けの濃い弁当であったり、ソースやたれ等でごまかせる食事メニューは多いものです。何かしら改善できないものか?
 いずれにせよ、3食規則正しい時間に、バランスのとれた食事は大切です。引率を終えた日は、白いご飯と味噌汁で満足。その後、地域食材である野菜を大量に買い込み、昆布だしでタケノコとわらびの煮物をつくりました。食事にありがたや。ありがたや。バランスを考えた給食にもありがたや。
by hakusuke | 2014-05-25 18:37 | 職員室から? | Comments(2)
 修学旅行引率を追えてきました。3年連続引率していますが,毎年生徒の引率を通した学びはあります。学年で誰がどのように対応したといった危機意識は,現場であるからこその学びです。学年主任も違えば,生徒たちの動かす手腕というのでしょうか?学ばせて頂きました。天気に左右され中止した行程、移動に戸惑う生徒への対応、宿での対応等々。その他に、修学旅行のしおり作成に関しても。今年は生徒数に対して引率した教員数も少なかったものの、修学旅行引率経験の多い職員が多かったことが救いだったのかもしれません。先をよみ、生徒に指示を与え動かすことはできました。

 初日は夕に雨もざっと振った影響もあり、間近で東京タワーがとてもきれいでした。バス運転手さんの配慮もあって、照明も落として頂きました。また、何度も見ているレインボーブリッジもきれいでした。

 2日目は自主研修でした。午後14時頃東京駅でスタンバイしていました。全国各地の中学生たちが必死の形相、荷物を抱えて舞浜を目指すのでしょう。何名も通過していきました。同時に、「先生!!○斑です!路線間違えたので、集合時刻に間に合わないかもしれません!!」の連絡もちらほら。「わかりました。路線確認して、気をつけて集合場所に来てくださいねー」
 その後、舞浜駅ではピコーん☆乗り越し精算をしてくださいで、駅で止められる中学生も何名も見ました。「なんで?どうして??」焦る中学生たちもたくさん見ました。勉強だねぇ。

 3日目は定番というか国会議事堂の見学。そして学級別研修。地元の防衛大臣直々に門の外に出てきて頂き、中学生たちと握手を交わしていきました。クラス別研修では、久々に出向いたNHKスタジオパークにて、大河ドラマのスケッチは資料として撮影しました。また、生徒と共にサッカーミュージアムにて、プリクラなんぞ撮影し,思い出を貼り付け盛りあがりました!

 いずれにせよ、体調管理合っての引率です。今後は生徒と共に振り返りをします。
by hakusuke | 2014-05-24 09:12 | 職員室から? | Comments(0)