「教育問題」「美術教科指導」等駄文であれこれ感じたことを綴ってます。


by hakusuke
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:切り絵( 9 )

 商工会の方が来校しました。美術の授業中でしたが、校長室にお呼出。我が学級の生徒たちと美術を指導しているところであり、「しばし自習!やってて!」で通用した。「ヤッホーって??」

 エントリーに何度か記している切り絵作品。今年は切り絵で町おこしをしたいといったことで、生徒たちの作品で、地域の商工会の紙バックや商工会職員の名刺に使用するとのこと。一応記念品といったことで、最高1万円ほどの地域振興券や副賞等あるらしいです。

 生徒の作品を地域で生かしてもらうことはかまわない。しかし、現状をもう少し理解していただきたい。「切り絵」だけを学習させているわけではないことや、週1回の授業では進められる内容も限られている。2学期目めいいっぱいかかる。「10月中旬に締め切りにしたい」と言われたいわれたものの、こちらの事情を商工会の方にのんでいただいた。そうもなければ、作品はできないもの・・・。

 生徒たちに絵の町巡り以外に自分たちの作品が生かされることを伝えてきた。
by hakusuke | 2009-08-31 22:09 | 切り絵 | Comments(0)

3年目のリベンジ!

 3年目のリベンジ!現勤務校に赴任してから、3度目の切り絵題材に取り組んでいます。今年の夏は、私自身も過去2年間の指導内容を見直ししました。ワークシート作成にはじまり、支援の仕方、時数をどのように確保するのか等。

 現1年生には夏休み中の宿題として、25cm×30cmの大きさにスケッチを描いてくることを課題としました。夏休みに入る前に、一度小さい用紙にスケッチさせ添削も行います。

 夏休み中、ちょっと嬉しいこともありました。真面目なんだな。我が学級のある生徒。決して器用ではない。絵を描くのも苦手。作品作りも人以上に支援をして完成することができる。球技大会の応援旗製作中「先生〜教えてください〜」で、図案を描きにきた。3時間かけて、なんとか横断歩道の線や等間隔に線を描くことができた。でもいい!意欲は褒めてあげる!!

 新学期もはじまり、作品を回収し終えました。現在一通り添削をしています。私が予想していたより、丁寧に描いてきています。また、一度添削している成果もあり、画面へのおさめ方や、同じような建物を描いてきている生徒も少なく、嬉しくなりました。

 何よりも嬉しいなと感じたことは、雑に描いていないこと。作文や問題の取り組みを見るとわかります。どれくらい時間をかけたのか。中にはしっかりと鉛筆を握って観察してきたな〜と思える筆圧のスケッチもあります。これが嬉しい!

 明日は2組の採点をしよう。
by hakusuke | 2009-08-30 00:09 | 切り絵 | Comments(0)

今年も取り組んでいます

a0074653_23192931.jpg我が校の特色ある美術教育活動。

More
by hakusuke | 2008-10-24 23:33 | 切り絵 | Comments(0)

刃物取り扱い事前調査?

 学級の生徒たちが、家庭科のリンゴ皮むきテスト「合格点」を得た生徒は10人だったらしい。理科の実験で、マッチをすることができた生徒は1名だったらしい。ちなみに、カッターに関する正しい知識を得ていた生徒は7名でした。

 

More
by hakusuke | 2007-12-01 22:23 | 切り絵 | Comments(0)
a0074653_18521333.jpg指導主事訪問終えた直後から、かなり不満タラタラ記していた切り絵題材でしたが、最近プラス思考にかわりつつあります。
 この切り絵題材に関して、年間指導計画の見直しも含め、この切り絵題材に関係する職員たち相談を行いました。勤務校では特色ある美術活動と位置づけでもあり、やはりこの題材は、外せないことがわかりました。

 噂には聞いていたけれど、○○町の切り絵作品カレンダーとして、待ち望んでいる方たちからの電話が殺到しています。昨日は空き時間があり私は、5件受けました。他県からの電話もあり、事務長曰く30件は受けたらしいのですが、私が三者面談中とあって応対は全て事務長がしてくれました。ありがたや~。


 さて、生徒たちは「切り絵題材」に対して、「難しい!」「どうするの?」などと言いつつも、かなり一生懸命に取り組んでいました。昨日までの三者面談待ち時間中や、早く美術室にやってきて、「カッター貸して!」で、休み時間中も制作していました。

a0074653_183256100.jpg 次年度もこの題材に取り組むことも含め、振り返りシートに、◆後輩たちへ一言!◆といった欄を設けました。振り返りシートは、あえて作品の裏に貼り付けています。
 次年度の生徒たちが取り組む際、教師からのアドバイスではなく、「先輩たちが取り組んだ時に感じたこと!」として紹介しながら、取り組ませていきたいです。いいこと書いているんだなぁ・・・。

 
○カッターを使って切るのがすごく難しいと思うので、上手に使えるように頑張ってください。
○大変かもしれませんが、根気よく頑張れば結果はついてくる!!とにかく頑張れ!
○細かなところから進めていくと良いです。
○カッターの刃はマメに替えましょう。先生の説明通りに進めてください!
○画面は写真どおりに再現しないで、切るときはむしらないで、自分の体と垂直になるように切ってください。


地域の期待と・・・←H19年指導主事訪問日
年間指導計画見直す←あれこれ相談しはじめた頃
集中力すごい~切り絵題材~←この題材をはじめた先生とお逢いした頃
切り絵やってるね!←三者面談期間中
by hakusuke | 2007-12-01 18:30 | 切り絵 | Comments(0)
年間指導計画を見直すまだ続いています。というか続けなければいけない。

 指導主事訪問が1週間前だったなんて?!遠い遠ーい昔のようです。時間に追われている生活だからかしら?

 私が授業改革案を出すことはよいのだが、突発的に授業改革案をもちかけても×でしょう。同時に、「本校美術科の特色」とまで学校要覧に記されている以上、学校長に切り絵題材の授業改革案を持ちかけてみた。
by hakusuke | 2007-11-14 23:38 | 切り絵 | Comments(0)

生徒の作品はいいね!

a0074653_22172827.jpg2年生は、学校を見直そうポスターに取り組んでいました。簡単に題材内容を説明すると、自分たちが生活している学校内で「▲▲な学校だといいな!」と思える内容を、ポスターにする題材です。
 
 どうせ掲示するならば・・・で、廊下を走る生徒が多いところに、「DON`T RUN!」流し場に、「何で拭くの?」と記した内容で、ハンカチで手を拭くよう、呼びかけるポスターを掲示しました。「授業準備OK?」「笑顔で挨拶!」などなど51名それぞれ学校の課題を考え制作しました。今、校内の壁面を生かして、ポスターを掲示しています。

 指導主事訪問前、全校生徒+@職員も校舎内清掃。ある先生から、「生徒の気づきがあるポスターいいね!いきいきとするよね!」と声をかけられました。ポスターだから呼びかけができる。生徒の作品だから呼びかけ、気づき行動にうつせることでしょう。

 「1年生!廊下走るべからずだよ・・・走りたいならば、外で走ってくれ!」←担任のぼやき。
by hakusuke | 2007-11-09 22:23 | 切り絵 | Comments(0)
a0074653_942790.gif
カッターは手軽で便利な道具ですが、刃物にかわりありませんので
正しい使い方をお願いしたいです。
資料は工場関係からのご要望が多いのですが、カッターは日常生活どこにでもあるものですので、皆さんに知っていただきたい内容です。


 先日このエントリーで紹介したNTカッターの担当さんからのメールです。私は資料を受け取ってから、DVDや資料を読み感想をメールを送りました。

 このDVDのよさは、15分の内容で、日常生活で起きた事例を元にした内容なので非常に具体的です。カッターの刃を出していて、たまたま手をはねのけた際に切った例や、刃を出しすぎていて湾曲して予想もしないところに刃が飛んでいった例などなど・・・。身近なものでありながら、安全指導する上で非常に大切な指導だと感じます。図工・美術指導者必見!

カッターの使い方わかるかな?
by hakusuke | 2007-10-22 23:27 | 切り絵 | Comments(0)
a0074653_18563394.jpg生徒ちゃんが、“Making of 文化祭”のために、撮影していた写真チェックしていたら「?」をみつけました。

カッターの持ち方が×だと思うのですが・・・?誰が制作していたのだろう?小道具係ちぇくしなくては!うーん

これから地域密着型の美術課題(切り絵)に取り組ませることと、指導主事訪問が迫っていることも含め、カッターについて指導学級(我がクラスですが・・・)カッター使用頻度をアンケートをとりました。

28名のアンケート結果。
①日頃、ひんぱんにカッターを使用している。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1名
②総合の劇の道具づくり、授業で使用するときくらい。・・・・・・・・・・・・17名 
③授業で使うくらい。普段使用しない。  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・10名 

 どうなんだろう?長崎佐世保事件があった当時、小学校4年生か5年生だったはず。色ペンはびっくりするくらい入っているのに、多くの生徒達のペンケースの中にカッターは、入っていません。
 カッターは、紙にあてれば切れると思っている生徒が随分いました。正確には、カッターは軽くあてて引っ張らなければきることはできません。これから、本格的にカッターを使用して指導していくので、正しい刃物の扱い方や知識をみにつけさせねば!
by hakusuke | 2007-10-13 23:02 | 切り絵 | Comments(0)