「教育問題」「美術教科指導」等駄文であれこれ感じたことを綴ってます。


by hakusuke
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:学年のこと( 2 )

地域の魅力を探る

 勤務地域は、観光スポットが数カ所あります。年間7000人近い観光客が訪れ、町の史跡や古い建物などを鑑賞を楽しんでいる姿を幾度となく見かけます。また、他県のナンバーをつけた自家用車や大型観光バスもずいぶん往来しています。我が両親も、一度ひょっこり来たことこともありましたが、中高年の方々が散策するには、ほどよい距離だと思います。最近はこの郷土料理で地域興しをしているため、テレビや雑誌等で取り上げられています。
 校内の生徒半数以上は、観光スポットを通過しながら登下校しています。小学校の総合的な学習の時間でも地域についてまとめ、図画工作では、文化施設の風景画を描いています。中学校では、総合的な学習の時間矢ボランティア活動の一環としてゴミ拾いを行いもします。

 今年度1学年の文化祭出し物は、『地域の文化と伝統』について行うことがきまりました。その中で私はプレゼン担当職員です。改めて、地域の文化施設について生徒たちに聞いたところ、案外知らないことがわかりました。

 私は趣味で、町内ぶらぶらしながら、知り得たこともあります。「なんで・・・・っていう建物なの?」「なにが・・・の建物で鑑賞できるの?」「なんで、・・・・という場所に建っているの?」この「WHY?」を検証させていきたいと思います。そして、自分たちの住む地域について、中学校1年生なりに理解を深められる資料作りに励みたいと思います。今から町史読もう。
by hakusuke | 2009-09-26 03:22 | 学年のこと | Comments(0)
 勤務校は,学校の体育館で合唱を発表するのではなく,車で約25分ほど先にあるホールで発表をします。ホールなので,音の響きも良いのです。時数確保とあって,8時30分~12時までの午前中しっかり授業をしてから,昼食をとらせ,数台のバスに乗って移動です。

 学級の生徒達は非常にパワフルです。特に女子・・・。男子は控えめながらもしっかり者たち。バス移動中女子生徒達は「旅立ちの日に」「キセキ」「となりのトトロ」を歌い,女子の元気よさに,男子せいとたちは「はぁぁ・・・・」と,女子生徒の元気の良すぎる歌えに魂抜かれていた。男子生徒たちに同情していた自分です。ガンバレー男子ぃぃ。 

 会場でのリハーサル。あの薄暗い雰囲気,いつもと違う会場に「うぅぅーん。緊張してきた~」「わードキドキしてきた」等感じてステージから降りてきた。いいねーこの緊張感。緊張したり,心を落ちつけること等,机上の勉強以外の学習を大事にして欲しいと思う。

 2年生は,昨年は20名同士の2クラスだった。今年は1学級となり,40名の大所帯。男子生徒は少ないながらも,非常に深みのある歌声を毎日聞かせてくれていた。『COSMOS』を一生懸命歌っている2年生たちの歌声に,「下手すると金賞とってもおかしくない」都職員室でも話題だった。確かに上手かった。昨年ソプラノだった男子生徒たちは皆,一つのパートになって歌っていた。指揮者をした生徒も,昨年に比べさらに全体を見た動きのある指揮をしていた。感心~。

 2組は,声がでていない。指揮者いまいちだ。とかなり主任,学級担任共々悩んでいた時期もあったけれど,昨日とても成長したことを担任は喜んでいた。会場でも,素晴らしい歌声を披露していた。あっていう間に我が学級。私は自分が教えてきた,伝えたいと思ったことを生徒達が歌声に込めて歌うだけ。おぉ!出だし好調。いい感じにハーモニーもとれている。気がついたら,自由曲も終わっていた。魂抜けたかのように降りてきた。
 「お疲れ~」

 3年生。朝7時30分から朝練習に励んでいた。課題曲『旅立ちの日に』で学級の涙もろい生徒は,ウルウル泣いていた。「あぁー卒業式思い出した。うわぁぁ・・・どうしよう」 
 『親知らず・子しらず』を歌った2組。この歌は定番曲で,古い歌ではあるけれど好きな歌です。演奏,指揮者共に歌声に非常に深みがあった。我が学級の生徒たち曰く「先生~鳥肌立つ~。格好良すぎ~」「○先輩すごい指揮!」「○先輩のピアノの指。すごすぎ~」だった。良い意味で上級生から刺激を受けることができたので次年度さらに成長して欲しいと思った。この歌詞の意味を分かっていなかったようで,休憩時に丁寧に説明したら,さらに納得していた。

 『In Terra Pax』 英語じゃない。イタリア語?後から知ったことですが,ラテン語とのこと。これまた演奏者も指揮者もばっちり。一通り発表が終わり,保護者の方達も一安堵。「良かったね-。受賞はどちらかしら?」ざわざわ。例年審査は10分ほどで終わるのですが,なかなか審査委員長も出てこない。

 外部審査員の○先生から講評。非常に分かりやすい講評内容で,次年度我が学年を担当するならば,指導受けた内容を成長させたいと感じた。また2年生,3年生は自分が担任を持ってきた生徒のことを考えると,本当に成長したことを考えさせてくれた。


さぁ・・・受賞の発表は・・・?続く。


 <余談>文章力ないので,伝わりにくいですが本当によい合唱コンクールだったのです。3日夜PTAバレーボールの練習会があり,保護者の方達の話題は合唱コンクールの話でもちきりでした。
 
 
by hakusuke | 2009-07-04 08:45 | 学年のこと | Comments(0)