「教育問題」「美術教科指導」等駄文であれこれ感じたことを綴ってます。


by hakusuke
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:2014自分の授業( 34 )

分かる美術室を目指して

 異動の新聞発表後、さらに美術室内・美術準備室の掃除。掃除。3月中旬、卒業生を送り出してからちまちま掃除はしてきたけれど、もっと断捨離が必要だと感じました。特に、私物で美術室に置いている物の多いのなんのその。
 職業病なのかもしれないが、「これ教材に使える!」と思い持参した本なんぞ,数多い。画材にしても,道具に関しても,段ボールに詰めたら軽く5箱はつくれてしまう。異動する職員の片付けを見ている限り,1年だけといえど本当に多い。長年いるから、もっと捨てないと・・・怖い。怖い。

 美術室を片付けしつつ,目指すは分かる美術室です。美術準備室も同様。生徒も何が何処にあるかが分かる,美術担当でない職員が美術室,美術準備室に入った際に分かることが理想。

 そして,ここ数日感じること。引き継ぎ資料は3月につくっては駄目だね。部活動だけでなく,校務分掌の発表があったその時からつくっていけるとよい。自分が「困った!」となったときに記録をとっておくと,引き継ぎ資料に加えることができる。「いつかやろう!」ってなりがちではあるけれど、次年度こそちまちま引き継ぎ資料を作成していきます。部活動はOKです。
 
by hakusuke | 2015-03-29 20:50 | 2014自分の授業 | Comments(0)


 ブックログに登録しているかと思いきや,しそびれていた。発売と共に購入したのに・・・。
今回の上京のお供に,ひたすら読んでいった。発売した当初と違った視点で読むことができて良かった。しかし、しっかりと授業としてできていない、つまずくこともあり、繰り返し読んで実践できるようになりたいと思う。春休みMITE!であったり、モナリザは怒っているを再度見よう。

 この内容は、鑑賞の授業づくりというだけではなく、授業づくりそのものを記されていることが勉強になる。校種別に鑑賞活動のどのような視点で見取るのかが具体的で分かりやすい。2章の内容に沿って授業設計も良いと思う。年間指導計画に巻末の資料はコピーして入れて良いと感じた。

 もう一度、対話による鑑賞の授業を見直したいし、あえて次年度は巻末に記されている作品を中心に鑑賞の授業を組み立ててみたい。教科書会社さんもここ数年大判資料を作成して頂いている。巻末に載っている作品の大判資料を生かして授業実践したいと思う。

「美術による学び研究会 東京大会」9月21日、22日、23日の3日間。大会,引率等が入らないことに合掌!参加可能な日程ならば、お手伝いします!

 
by hakusuke | 2015-03-22 20:49 | 2014自分の授業 | Comments(0)

箸づくり

a0074653_21421255.jpg


 「◎さんにあげたくなる箸」といった内容で、ヒバの木で箸を制作していました。ここ数年、ペーパーナイフだったり、スプーンだったり,バターナイフだったり・・・。今年度は時数と相談の上、箸でした。業者さん曰く、年々小さな教材入荷が増えているそう。時数のため?

 箸。生徒たちにとっては、小刀を使う適度な緊張感と、仕上がっていく過程が分かりやすく,結構好評でした。個人的には、彩色にもう一つ螺鈿をつけてみるとか工夫を施すことも試みたかったのですが、今年度は、断念。目的が違うし、箸と行った機能、形にこだわり短時間題材で終えてしまう。次年度少し改善したい。

 小刀は、過去何度か記している。あえて自分の授業では使い慣れさせたい。刃物を扱う楽しさと同時に危険性も学ばせたいと思う。けが人は誰も出ず安堵。同時に川崎の事件もあり、刃物といった道具(凶器)についても考えさせた。当初「(手切りそうで)怖い」「怖い」といっていた生徒。何が危険なのかを教え、確認して取り組ませることができた。
  
 紙やすりはで何度も磨きを掛けて、ぼろ布で磨いてつるりとさせた。ぼろ布でこすり、磨いて、何とも言いがたい滑り心地の箸に、子供たちは自慢し合っていた。保護を目的に塗料を塗ってみたが、生徒の中には,このままの方がいいと。なるほど・・・。次年度は色で,素材を生かした仕上げを考えたい。キヌカワックスかな。

 塗料に、ワシンの『工芸うるし』を今年度初めて使用してた。個人的には色合いは好み。6色用意した中で、黒と紺が人気だった。「祖父・祖母にあげたい!」といった子どもは、深緑や弁柄が人気であった。このような細々したものを作る際の乾燥場所の確保。毎度悩む・・・。

 写真のような仕掛けだと、2時間あれば十分きれいに塗料を塗ることができた。手も汚れない。
毎度のことながら、印刷室のゴミとなる包装紙を敷くと、塗料もべったりしなくてよい。ヒーターの前に置いておくと、あっという間に乾く。空きコマ時に乾燥させておくとちょうどよい。

 希望者に、お店で販売しているような透明袋をあげた。一つ前に制作した文様を和紙に押して、「ピーちゃんにあげるーーー!」でもちかえった生徒もいた。

 授業時間もきっちり。どうせならば、箸置きないし箸袋まで作らせてあげたかった。学期末だからか?色んな欲が今更ながらあれこれ・・・。次年度、やはりさらに改善だ。 

 
by hakusuke | 2015-03-19 21:58 | 2014自分の授業 | Comments(0)

美術準備室と片付け

 卒業式を終えて、後期選抜結果に笑顔。3年生の授業がなくなったため7時間の空きコマ。空きコマを利用して,美術準備室の整理、備品整理と片付け。次年度の補助教材費と購入する商品の計画を立てる。美術準備室をもっと使いやすく,次年度に引き継ぎをする。展示に使うロール紙や色画用紙等をもっと取り出しやすい環境にしておきたい。

 生徒から、今後の作品の事例として、一時的に借用OKしてくれた生徒作品もあるので、効果的に紹介していきたい。

 今年は,例年になく慌ただしい日程の中で授業をしてきた。生徒たちの取組,自分の取組をしっかり振り返りを行いたい。同時に何を身に付けられたのかをもっと見直しも必要。年間計画に朱書き、修正中。
次年度の教材発注に向けて、カタログとにらめっこ。どれぐらいの教材費がかかり使った物は?

 展示が追いつかないのが課題だね・・・。
a0074653_823427.jpg

by hakusuke | 2015-03-14 07:56 | 2014自分の授業 | Comments(0)

卒業に寄せて

 (めちゃくちゃ)久しぶりの投稿です。今年度は公私ともにあれこれありまして、のんびり更新の1年でした。エントリー数すら数えられる程度です。次年度は定期的に更新できるように、心掛けていきます。あまりにも不勉強極まりなく、ノートに書き殴りで次年度の課題を記している最中です。うーん。

 さて、明日宮城県の公立高校後期選抜日です。玄関口で、「上靴持った?」「できる力発揮して!」でさようならしました。明日は朝っぱら引率です。どのような試験問題が出題されるか分かりませんが、できる力を発揮して欲しいと願っています。

 また、今週は卒業学年の授業最終日が続きました。1年生で制作した作品にはじまり、今までの作品を返却すると、「うわ!懐かしい!」「あ、そういえば1年生の時◎と同じクラスだったね」等々、色んな思い出に花が咲きました。
 号令と共に、各学級の生徒たちから、あれこれメッセージをいただきました。ありがとうございます。やはりくだらないことはしっかり覚えていているようで・・・、メッセージにちらりほらりと書かれていて、メッセージを読み苦笑い。

 卒業式で、グッとこらえて彼ら・彼女たちを送りたいと思います。

 
by hakusuke | 2015-03-04 21:38 | 2014自分の授業 | Comments(0)

交通標識とアート?

 2学年の授業でピクトグラム並びに分かるデザインと称して、校内にマークをあれこれ考え表現する題材に取り組んでいる。今まで、「校内を標識」と限定してた。そうすると禁止が多かった年もあった。息苦しくないか?と思うものの、恐らく生徒たちにとって『禁止』は構想しやすいのだろう。

 校内では、学年表示もないので、「ないものをつくる!」=「授業で制作した物を飾る」=「展示する」と行った思いも含め、アイデアスケッチを描いている。

 簡単なプレゼンを試みている。もう少し、有意義な意見交換になるよう、検討していきたいところである。

 ちょうど標識ネタを扱っているときに、道路標識にシールを貼った行為から新聞沙汰になった事件発生。一応生徒たちに、このネタについて聞いてみた。現時点で、生徒たちの意見は半々である。
「面白くていい!」「アイデアがすごい。」といった意見もあれば、「事故が起きそう。外でしなくても、もっと別なことができそう。」

 実際,事故を誘発したから,問われたのでしたっけ?個人的には,校内に貼られていたら,楽しそうであり、交通の妨げにもならないと思う。そして,何でもアートでひとくくりされることは、正直しっくりこない。
 
by hakusuke | 2015-01-17 18:32 | 2014自分の授業 | Comments(0)

試し押し

 3学期が始まって、実力テストもあったので自分の授業は8時間だった。前学期きっちり題材終わればすっきりだったのに、題材を終えることができずじまい。伝統文様の押印をして確認するところからスタート。

 しかし、自分がつくったゴム印を見て「さぁ押すぞ!」「繋がるかなぁ?」と、押印を試す生徒たちに救われた。感謝しなくては。

 小さなスタンプ台なので、「ポンポンゴム印に押しつけてからインク付けるよ」と紹介すると、「なるほど~」「今日はグループで一色ね。次回は好きな色で押してね」と、色見本を見せて伝えれば「そんなに??つかっていいの?楽しみ~」と。
a0074653_20514231.jpg


 晒し布に試し押印をする。おそるおそる押印して、彫った図案がきれいに押せると、座席のあちらこちらから「すごい~」「うわ!〇ちゃんのきれい!」「向きを変えて押したらこんな模様になった」等々が聞こえた。いや、正直驚いたのは,生徒より自分だったかもしれない。「この図案からこのような形になるのか・・・」指グーして、「すごい!すごい!!次の本番楽しみだね」
 授業のぞきに来た(授業の様子を撮影して頂いていた)支援員さんも「すごくないですか?面白いですね~」だって。


 昨年は,あれこれ授業で凹んでばかりだったので、久々の癒やしだった。いずれにせよ、生徒たちができたと思え,達成感を体感できる授業を目指そう。
by hakusuke | 2015-01-10 20:56 | 2014自分の授業 | Comments(0)
 明日から本格的に仕事です。昨年台風接近に伴い臨時休校2日。始業式が1日早まりました。始業式早々、授業はあるし,調査書作成委員会もすぐにあるので、ちょっとできるところ進めてこようと思った。年明け早々、せわしいな。

 ・・・といっても,ガツガツ仕事せず、塗料拭き取る用の布(ウエス)の用意したり、工芸漆をぬって仕上げるための色見本を作成したりしていた。塗料ぬって「!」美術室内の水止めていたことをすっかり忘れていた。ダッシュで職員室から、バケツに水くみ。
 全部で5色購入していた。弁柄いいなぁなんて思って購入したけれど,色が薄い。生徒たちは好むかな?

 小刀も一通り研いでみた。やはり試し削りをして正解だった。3本の小刀は刃こぼれを見つけ削れなかったし、さやが危険だったものがあった。
by hakusuke | 2015-01-04 17:52 | 2014自分の授業 | Comments(0)

窓枠装飾 ~一部展示~

 3年生の合唱コンクールから構想を広げ,図案にして仕上げました。日差しがあたると,透過性がある作品なので、きれいです。展示するのにしようしたかった黒いパイプが品切れで、一時的に2クラスのみ展示中。あとは美術室内に展示中。5時間目・6時間目あたりから、西日が差し生徒たちは「すげー」「きれー」「だれつくったんだ?」で、休み時間見入っています。作品後ろに名前を書いているので、作品掲示した下には,作品票もつけてみました。

 
 一応合唱コンクールで歌った歌から考えさせたので、音楽室前に展示中。美術室内だと,美術に来た生徒は見ることができるのですが、普段は施錠しています。人目に触れるところということも有り、廊下に掲示しています。音楽室前に掲示していることもあり、これまた音楽室に入室前に他学年の生徒たちも鑑賞しています。

 掲示して気付いたことは、この題材は夏には不向きである。何故ならば,窓開けちゃう。この季節だからこそ、陽だまりでのほほんしながら鑑賞するにはもってこいなのだ。

 掲示している反対側から見ると、写真の状態。早くパイプ届かないかなぁ。
a0074653_1833558.jpg

by hakusuke | 2014-11-23 18:35 | 2014自分の授業 | Comments(0)

窓枠装飾計画

 合唱コンクールの自由曲から、絵の構想を練り図案に表す。ステンドグラスのように見える教材で、作品に仕上げた。このての題材は、いかに発想・構想を広げられるかが題材の課題であり面白さだと思う。

 本当、図案がまとまって,転写後の制作は早かった。2時間ちょいで作品は仕上がった。仕上がった作品から,窓辺にぶら下げてみた。光が反射して、他学年の生徒たちは目を輝かせた。「きれいー」「コレ何??」等々。

 歌詞から,想起したことも違うから描いた内容も違う。色だって違う。だから面白いのだろう。今は美術室内に展示しているが、多くの人たちに見て欲しいので、美術室から飛び出し校舎のどこかに掲示を行う。さて、どうしようね。

 先週、補助員さんに美術室を覗いて貰って「すげーいいじゃん。自然光あたったらますますい一途思う」と伝えられた。やはり展示は大事。

 蛇足・・・
 久々に休暇を取れたので、ホームセンターに行ってきた。展示を見せるための材料を調達。プラスチックの長い棒を買った。漢字って大事。領収証貰いたくて、領収証に「アクリル棒って書いてください」と伝えた。店員に「『棒』ってどうかくんですか?」と返答。うーん。
by hakusuke | 2014-11-16 19:46 | 2014自分の授業 | Comments(0)