「教育問題」「美術教科指導」等駄文であれこれ感じたことを綴ってます。


by hakusuke
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

タグ:あれこれ 予告 ( 16 ) タグの人気記事

阿修羅展に行ってきた!

 現実から逃避して上京していました!GW中ETCをフル活用か?!と思いましたが,新幹線フル活用!そして先日購入したポメラも大活躍でした!新幹線移動中にかなり文章書いていたので,エントリーしたいと思います。

 上京といっても大して行動していません。上野で行われている美術企画展観たかっただけですから・・・。

 「阿修羅展」
 出発前にmixiチクチクしていたら,私より一足先に、小野先生は上野に出向いていた事を知りました。。上野界隈の企画展混雑状況報告をmixiにコメントを記していただいていました。出発直前に、読んで参考にしました~。

 知人に「(阿修羅展のこと)テレビでやっていたよ!」と言われたけれど,ここ数日テレビ番組欄などみなかったので,このような番組をやっていたことすら知りませんでした。再放送録画しようっと!調べ物もあったので,常設展にも足を運び,ミュージアムショップで,学級,美術の授業で点検しましたのサインである国宝図案のスタンプなど数個購入してきました。これで,東京国立博物館と奈良国立博物館で販売されているスタンプは一通り揃ったはず!
 *只今室内暗いので,あとで写真を載せますm(_ _)m

a0074653_22551036.jpg 東洋館前にて,昼からビールなど頂き知人を待っていました。博物館内の新緑も美しく,風も心地よかったです。予想はしていたけれど,阿修羅展は60分待ちでした。久々に会った知人とおしゃべりしていたので、さほど長い待ち時間だなとは思いませんでした。日差しは強くはありませんでしたが、照り続けていたら、日射病がでてもおかしくない長蛇の列。博物館内で日よけ傘借用していましたが,今後出向く方は、暑さ対策,待ち時間対策を忘れずにして並ぶ事をお薦めいたします。

 私は、阿修羅会員だったため、阿修羅会員ピンバッチを引き替えてもらいました。あまり阿修羅に見えません。コクゾウムシにも見えます。まぁいい。校内で着用しているエプロンにでもつけようと思います。 順路に沿って作品を見ていきましたが、ごったがえす人混みだったことも含め、深く関心のないものについては多少省いて鑑賞していました。気になったのは、金泊でした。おそらく砂金や金の一部は、宮城県の涌谷町から献上したものもあるはずでしょう。そして、水晶。非常に磨かれていて、当時の職人たちの技術に頭が下がりました。八分衆、四天王の表情や当時の技術に感心し、同時に会場のライトアップからうつされていた影にも美しさを感じました。言葉の響きとして「伽瑠羅」ってきれいだなぁと思い,同時に手塚治虫の代表作漫画である「火の鳥」に似ていると思いました。

 阿修羅を鑑賞するまえに、参道のような薄暗い回廊のを歩きました。協賛会社にSONYもかかわっていたこともあり,美しい映像で回廊に阿修羅の美について,映像を提供していました。360度阿修羅を見渡すことはできました。奈良に行って阿修羅を観たことは数回あります。しかし正面だけだったので,前方向から見ることができたことはよかったことだと思いました。しかし,混んでいました。混みすぎていたことも含め,美しいとまでは思えなかった。私はやはり寺院の静寂であったり,あの独特な空間の中で仏像をあがめたいと感じましたた。阿修羅~阿修羅~がんばれ阿修羅~

 美術館・博物館に行く際のお楽しみの一つであるミュージアムショップ。阿修羅ファンクラブ会員である高見沢氏のプロデュースによる阿修羅の歌。うーん??友人と共に少々苦笑いでした。図録は購入しませんでしたが、写真印刷もきれいで,随分ポストカード買っちゃったのでした。

 余談ですが,阿修羅展にちなんだ阿修羅のフィギア。随分高額でオークションに販売されていますね。3000円以下だったら購入したいと思っていましたが,今は正気の価格の5倍で販売されています。考えものです。
 
by hakusuke | 2009-05-05 22:07 | リフレッシュ☆ | Comments(0)
 昨日,市の一斉研修会に参加し,改めて美術教科は講師の方が指導している学校で多いなぁ・・・と考えさせられました。講師職。自分も経験をしているので,生徒にとって決して良い条件とはいえません。

 そして久々に,時事通信社の教員採用試験に関するサイトをひらきました。HPもリニューアルされていていました。

 サイトで紹介されていた合格体験記を読み感じたことは,教員採用試験は自分自身との戦いだと感じました。過去のエントリー(カテゴリー講師経験者から助言!,採用試験に関して等のカテゴリー参照)でも,私も同様の内容をを紹介してきました。ネットで,あれこれ教員採用試験に関する情報を提供している方達も多数います。受験に関する受験する方達は,積極的に有益だと思われる情報を見つけて欲しいと思います。例えば,教員採用試験の問題。全てを公開しているわけではありませんが,宮城県は多少,試験問題や模範解答を公開はしています。宮城県教職員課のHPをご覧下さい。試験問題と模範解答を入手して,見直ししたり,求める教師像を考えてみることは,試験対策として有効だと思います。

 GWがあければ,恐らく受験要項の発表,電子申請もはじまることでしょう。定期的に県のHPを閲覧しておくことが大切になります。遊びたい気持ちを抑え,今は試験勉強に専念すべきでしょう。受験される皆さんは,息抜きを入れつつ,頑張ってください。応援しています。
by hakusuke | 2009-04-25 11:52 | 採用試験に関して  | Comments(2)
 新年度はじまって2日目。昨日配布された,職員会議資料の「厚さから,3時間かかるのでは・・・?」と思うような膨大な資料w(*_*)w定規で,会議資料の厚さを測っていたら,主任さんに失笑されました。

*************************************

 出勤後机上に,出席簿,学級日誌,生徒手帳,学級の指導要録(A票・B票移し替えろとのこと)保健日誌等の新年度を迎えるためのものが積まれていました。「午前中に終えておくように・・・」ということで,学級担任5名は,氏名印つき。単純作業なのですが,私は単純作業が苦手なのです。

 本年は2組担任さんは,学級担任初めてです。前エントリーにも記しましたが,2組担任さんに,自分の経験を教えることが,私のミッションなのです。がんばれ自分!
 
 氏名印は目詰まりで名前が潰れないように,印面の汚れとり。くだらん裏技。布テープにベタベタ押すと汚れを吸着してくれる。主任さんに「何しているの?」と言われましたが,「目詰まりで印面つぶれるのが嫌で・・・」と説明したところ,「やっぱり,美術の先生なんですね」と嬉しい言葉をかけて頂きました。
 勢い余って,学校長氏名印もベタベタしていたら,ゴムがとれた~~(T_T)事務長に,「事務長ぉぉぉぉ・・・・校長先生のとれたので,ホットボンドで直しますぅぅぅ・・・・申し訳ございません・・・・」で,ホットボンドで,厚さも統一して直した。やはりここでも,「美術の先生ですね」と声を掛けてもらいましたが,今後のことを考えると氏名印は購入してもらおう。

 運営委員会が午前中にあり,主任さん方,午前・午後と会議付け。お疲れ様ですm(_ _)m
その間,氏名印押したり,気分転換にカモシカの出没する裏山に行ったり,新しくきた先生とおしゃべりしたり・・・。そして,新学期の学級開きようの表紙に使用する印刷用紙を見にいってきました。紙の色も随分あって,見ていてワクワクしました。

 午後,約3時間程の会議にフラリフラリしつつ,引き継ぎ書類と学年経営案に目をとおす。学年経営方針もわかったので,学級経営案をまとめたいと思います。同時に学級通信タイトルも考えよう。学級通信タイトルロゴを工夫して,「美術の先生だね」と言われるようにしよう。まぁ,学級通信中身が肝心です。昼時,学級通信の参考にと,ネットチクチク。このサイトは勉強になりました。

 ☆おまけ
 学級通信タイトル毎度のことながら,「四字熟語で!」と思い,四字熟語占いというのをやってみました。結果は・・・

More
by hakusuke | 2009-04-02 22:02 | 職員室から? | Comments(2)

コドモのコドモ

コドモのコドモ (1) (ACTION COMICS)


 『闇の子供たち』を見にいったら,コドモのコドモ映画の予告編で上映されていました。以前妹ちゃんから,「先生ならば,読んでみなよ。」で,3冊まとめてもらいました。以下漫画の内容です。

 ハルナはとってもやんちゃな小学校5年生の女の子。ある日,仲が良く気弱なヒロユキと講演でふざけているうちに,妊娠してしまう。彼女は性行為そのものがわからないままに遊んでいただけなのだ。
 学級担任の先生は,優秀な大学を卒業した若い女性教諭だが,3年前に学級崩壊をしている。教育熱心なあまり,生徒都のすれ違いは広がっていく。恋人とも奥手すぎて,だんだん彼氏なのか?彼氏はストーカー行為に発展するはめに・・・。
 ハルナは自分の身体に異変を感じていく。正直に大人に「コドモができた!」と伝えるものの,大人たちは信じてくれない。学級担任にさえ,「馬鹿にしないで!!」とシャットアウトされてしまう。このへんが,生徒指導上問題だと思うシーンなのだ。結局ハルナは,妊娠3ヶ月たったものの,どうすることもできない。 

 ハルナは,夏祭りある勘違いから,学級の真面目な学級委員に妊娠していることを話してしまう。学級委員は,呆れつつ,賢い学級委員はあれこれ手を尽くして,(小学生だけ)自分たちで解決しようと手を貸してくれる。当然,5年1組は,教師と生徒とのすれ違いから学級崩壊に繋がっていく。体も大きくなるハルナ。どうするハルナ。大人に相談するか?どうする5年1組。

 漫画だと,最後ちょっと感動。

 ということで,映画を見にいくのかまだ決め手はいません。 
 
 
by hakusuke | 2008-09-21 15:52 | 本-大衆向き・漫画など | Comments(0)

崖の上のポニョ

 近場の映画館で観てきました。以前映画を見ていた際に予告編観ていたけれど,「よくわからん映画だなぁ・・・」と感じていました。そして,宮崎駿監督の作品は、観たり観なかったりの私です。特に好きでもなければ、嫌いでもない。
 勤務校先では,放課後に下校を促す音楽が流れます。ナウシカととなりのトトロが流れたときは,生徒ともに口ずみバイバイしてしまう。時折口ずさみが盛り上がりすぎて,生徒指導主事に「早く下校しろぉぉ!」と生徒ともに指導される(-_-;)


 さて,夏休み入ってすぐだったことや,休日とあって,子ども連れが多かった。映画ではポニョのことを金魚と宗介(主人公)は叫んでいるけれど,私にはイソギンチャクにも見えたんだけど・・・・?。ポニョはいったいなんだんだ?内容が,「人魚姫に似ている」と指摘される意味も,最後に理解できるだろう。

 映画の感想。
 最終的に,何をテーマにした内容だったんだろう?宮崎アニメならではの環境であったり,生命であったり何か意図はあるのだろうけれど,私には理解できませんでした。アニメーションならではの,絵の構図や,色づかい,顔の表情等は授業で多々活用できると感じました。セル画に色鉛筆で彩色したような描き方は参考になります。
 
 それにしても,ポニョの歌。脳裏に駆け巡り,素振りしつつ歌ってしまう。~(-_-;)
by hakusuke | 2008-07-21 21:56 | 100本映画 | Comments(0)

今後5年間の目標

 こちらにコメント書いていただきありがとうございました。コメントとして書き込まれた内容を踏まえ,私の考えを記させていただきます。

 確かに,腰を据えて授業の研究を積むことは大切なことだと思います。教員生活を送る上で,大切なことであり,生徒のため・自分のために学習することは苦になりません。大学院や,専門的な機関等で,さらに学習を深めることは将来的に視野に入れておきます。また,いつかは取り組んでみたい内容です。

 教員評価に記したこと内容も含め,今の自分に必要なことはなんだ?と考えました。教科に関しては,やはり「授業力(特に鑑賞)を高めたい!」なります。そして,「美術の表現に関わる表現の基礎・基本をしっかりと生徒たちに理解させたい!」とも,考えています。

 2つの目標が達成されるには,やはり生徒たちをしっかり観察できる姿勢が必要です。生徒たちの観察から,表現のつまずきを支援できることや,教材内容の検討であったり。私はまだまだこれらが欠けています。もっと多くの生徒たちとかかわりを持ち,広い視点で生徒たちを捉えられる力を備えねばならないと感じています。

 バタバタした3月31日まで,この1年の取り組みや指導受けたことを,洗いざらい記してみました。私はまだ宮城に求められる教師の資質に達していません。この3本柱に添えるよう,あと5年ぐらいはしっかり土台作りをしなくては!と思います。5年研修のあたりには,自分も多少かわっていることに期待したいです。いやーかわっていないと給料泥棒ですから・・・。

 ただし!この1年間勤務したことで,勤務校の学校行事をはじめ,先を見て多少動くことができるので,外に出る研修にも積極的に関わり,吸収していこうと考えています。


 帰り際に,研修センターから冊子が届きました。以前依頼があり描いた私の絵が,平成21年度初任者研修用表紙に小さく?載りました。


平成20年度表紙
by hakusuke | 2008-04-01 03:50 | ネット話題から | Comments(0)

ホーマー作品の指導

 1年生の鑑賞指導で、ホーマーのカントリースクールを取り扱おうと構想中です。夏休み中から、もうウダウダ構想練り初め、気がついたら稲穂が垂れている。なんて仕事がのろいのだ?!「オイ!サクサク仕事進めようよ!」と自分突っ込みしてしまう。

 平成18年度、中学校美術は教科書改訂であり、ホーマーは新たに取り扱われた作品でした。昨年は高校生相手であったことも含め、教員採用試験の勉強として中学校教科書を購入していました。改訂版教科書をみるまで、ホーマーという作家について知りませんでした。2次試験結果待っている間、ギャラリーフェイクを読んだ際に、「あぁ!この作家なんだ・・・」と知りました。  ネットで検索かけてみても、ホーマーに関するサイトは数えるくらいでした。a0074653_10216.gif
 ホーマーについて知りたい方、雑学として知識を得るならば参考まで・・・。
 細野不二彦のギャラリーフェイク(11)~八点鐘~お読み下さい。内容は、こちら

 さて、昨年もチェックしていたのですが、この日文に掲載されているホーマーのカントリースクールを鑑賞指導した、先生方の話題は興味深いです。北海道の山崎先生同じく北海道の土屋先生京都のM先生が実践された内容を紹介していたこから、私ならばどのような指導形態で、どのような発問するかなぁ・・・を検討しています。

 同時に指導書に記されている内容や、DOME79号にもホーマーに関しての紹介はかなり参考になっています。DOMEからの資料を参考にして発問するならば、私は服装と授業の様子(皆バラバラの姿勢で授業受けている)を中心に鑑賞させたいし、生徒達の率直の感じ方をききたいと考えています。同時に、南北戦争って言って生徒達は理解できるのか疑問なので何かしら説明する必要があると感じています。

 私自身あまり馴染みのない作家に対して、生徒達にどのように興味・感心を抱かせつつ、鑑賞指導ができるか?ハイ自分の課題とします。

 まとまっていませんが〆 (・・・続く?)
 
by hakusuke | 2007-09-25 20:40 | web情報から 私的に勉強 | Comments(8)

日展~100年~

by hakusuke | 2007-09-22 10:49 | 宮城県・展示情報 | Comments(0)
日本彫刻の近代といった企画展が、宮城県美術館で開催されます。あまり、宮城県美術館で彫刻の企画展は開催されませんし、出展される作家名をみても、素晴らしい企画だと思います。展示構成も、時代を追ってわかりやすそうです。この企画展の次に開催される、『日展100年』も大きな企画展になりますが、足を運んでみる価値はあります。
a0074653_22305864.jpg


 この企画展に関連して、ワークショップ『身近な彫刻を探そう!彫刻探検隊』が、行われるようです。私は、興味・関心はありますが、時間の都合上参加は×になりそうです。美術講座だけ一部受講して、刺激を得てこよう。


a0074653_13202966.jpg

by hakusuke | 2007-08-05 13:22 | 宮城県・展示情報 | Comments(0)
a0074653_106636.jpg宿泊研修中の26日は、宮城県・仙台市の教員採用選考試験日でした。

 山奥とはいえ、花山で28度と伝えられたこともあり、仙台市で受験した方たちは、「暑い中受験してきたのだろうなぁ・・・」と感じました。受験生に合掌すると共に、数年前の自分にも合掌してしまう。

 帰宅後、県教委のHPで確認したところ、本年の受験者数がアップされていた。例年、こんなに早く報道しないのに、何か改革するのだろうか?うーん。

 宮城県・仙台市の中・高美術受験者は、69名の受験者だったことを知る。受験者が、全体的に減少傾向である。
 以前エントリーしているけれど、宮城県・仙台市は、交通手段の利便性や、美術の教員免許取れる大学が近隣の県を含めると随分あることもあり、数年80~100名前後受験者数がいた。試験制度が変更された昨年から、減少傾向だったけれど、69名は少ないと感じてしまった。これも全て教育改革を含め、学生たちが受験を遠慮しているのかなぁ・・・?

 少ない受験者数だから登載者数も多くなるか?といったら間違いで、未だに何故私が登載されたのか疑問だ。2次試験に進んだ時点で、講師の中でも教育事務所で名前を聞いていた人や、大学の先輩で精力的に芸術活動も行いつつ、学校にも携わりつつ・・・といった方たちが数名いて、「オーイ私2次突破するのか?」と、昨年の9月のセンターの待機場所で感じたのでした。

 そして、実際本年宮城県・仙台市の中・高美術で内定もらったのは4名。4名の内訳は、1名は辞退し、1名は現職で登載した方である。美術の初任者研修を受けている人数は、私含めて2名で、もう一人の方は○中学校に勤務している男性である。同じ美術の初任者として、研修センターで話をするけれど、彼も未だに「何故登載されたのかわからない」と言っている。
 「人事交流を積極的に取り入れていきます」と伝えられるものの、県立高校で美術が履修できる学校は少ない。昨年私が勤務していた高校でさえ、美術の授業時数減である。あーあ。
 美術同様に音楽も中・高一括採用である。3泊4日の宿泊研修地に、6名音楽の初任者が参加した。特別支援学校に1名、2名高校、3名中学校だった。あとは他宿泊施設に2名いるらしいから、8名採用されていたとしても、美術は毎年採用される数は少ないのだ。


 本年の県教委が求める美術教員は全くもってわからない。数年前、4名採用された年、2名が特別支援が学校に着任しています。美術は69名と少ない受験者数であろうと、片手以下の採用数には変わりないだろうし、2次試験は“運”もかかわるなぁ・・・と感じてしまう。
 
 
 yahoo掲示板をのぞいてみると、小論文受験者のお題は「教師の力量について体験を踏まえて述べよ」というテーマが出題されたことを知る。

 自分が受験していたらどんなことを記していただろうか?

○生徒と対話を中心としたコミュニケーションを大事にできる教師について
○教科指導をとおした生徒指導力のある教師について
○専門性に力を入れるために、教材研究に励む教師について
○同僚と連携しながら指導できる教師について

 もし受験していたのならば、このようなことで800字記していたのかもしれません。手応えを感じた方は、気持ちを切り替えて2次対策を進めてください。参考までに、昨年の模擬授業や面接内容を紹介しておきます。そして、試験の情報提供を下さる方は、「美術の先生になろう!」ブログで取りあげたいので、話題提供下さいませ。他自治体もお待ちしています。



 論点バラバラで、多少ネガティブなエントリーで申し訳ない!しかし、本年受験された方!花山でみつけたセミのように、教採試験の脱皮できるよう祈っています!
 
2次試験模擬授業について
宮城県教員採用試験 2次試験(美術限定)
18年度2次試験 (個人面接)



 
 
 
 

 
by hakusuke | 2007-07-29 12:05 | 雑感あれこれ | Comments(11)