「教育問題」「美術教科指導」等駄文であれこれ感じたことを綴ってます。


by hakusuke
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

80日間 ~2学期終了!~

 昨日、無事80日間の2学期を終えました!一昔は、通知票配布日は、終業式・学級活動といった授業で下校が多かったと感じます。しかし、勤務校は授業を行いました。まぁ台風で休校になった日もありましたからね・・・。


1~3時間目:、通常授業
   4時間目:2学期終業式
   5時間目:学級活動(通知票配布)

 学級では、◎君が代表挨拶をする。◎君と、「大勢の前で緊張しないように体育館で練習しよう!」、と約束していたのに、路面凍結により通常30分の道のりが50分かかってしまう。すまない!すまない!!すまない!!!
 学級の生徒たちに、「朝の会で◎君前で読めばいいじゃない?」と声がかかり朝の会を使い練習する。代表生徒も緊張しただろうけれど、自分の指導の結果がそのまま生徒の行動として表れるわけで、私もドキドキです。結局堂々と◎君は発表できたわけで、「生徒の方が立派だ」と感じてしまう。

 さて、冬休みに入るうえで、休み中の学習指導・生活指導など行う。
 個人的に気になるのは、やはり携帯電話所持者の休み中の様子や、ブログ運営している生徒たちのことだ。某先生が見つけた情報から、リンク→リンク→リンクで5名の学級生徒ブログをみつけてしまう。私が見つけることができた生徒のブログに関しては、冷やかしや中傷といった書き込みはしていない。しかし、他学年の生徒だろうブログには、パスワードで設定されたブログもある。生徒たちが運営しているブログにTBされている内容や、書き込みしてくる相手・年齢を考えると考えものである。もちろん、生徒たちに「ブログ見つけたよ!」とは伝えていない。
 ただし、事前に学級活動で、「リンク→リンク→リンクでみつかることもあるよねぇ?」で、ドキリとした生徒はいた様子だった。 


 通知票配布。
 絶叫?と共に、ハッスルしている男子生徒たちがひな壇の上にちらほら。「おい!配布中まとわりつくなぁ!3mバックしてなされ!」通知票を先にもらった男子生徒は、何故か裏黒板に私の通知票を書いている(-_-;) 生徒たちの評価により、私は評定3.8とわかりました。

 1年2組の皆様。
 私のアホミス、指導の至らなさから、あなた達も困惑した日もあっただろう。まずは、怪我する生徒もなく、生徒同士の大きなトラブルもなく、過ごせたこの1年間に感謝!あなた方は考え方も(少しは)大人になってきたように思う。身長など随分伸び、私を見下している者が何人いることだろう。

 よいお年をお過ごし下さい!
 
先生通信簿~2学期~ 
by hakusuke | 2007-12-22 13:41 | 職員室から? | Comments(0)

樹を加工して

a0074653_0595316.jpg
 総合的な学習の一環として、職場体験ならぬ、職業体験に行ってきました。職業体験って言葉があるのか非常に疑問ですが、まぁ主任さんが計画した総合的な学習の学習内容には、職業体験と記していました。うむむ・・・?

More
by hakusuke | 2007-11-03 01:00 | 日記 今日という日! | Comments(0)

フツウ、 ビミョウ

 学級通信に載せようか?少し文章整理をかねつつ、エントリーしましょう。

 生徒達と会話をしていると、「フツウだよ」「ビミョウだった」という話し言葉を耳にします。はっきりいって、生徒達?同年代同士や仲間同士には理解できる会話なのなのかもしれませんが、私には何がフツウで、何をもってビミョウなのか、理解できません。あえて「何がフツウなの?」と、学級では問いかけております。

 先週、学級の生徒達全員に、「君たちの会話していて聞かれる、このフツウってなんなの?」を問いかけた。そこでも数人の生徒たちの発表に「フツウはフツウだよ!」といった返答がかえってきました。その日、少々偏頭痛気味の機嫌悪かったこともあり、(スマないねー)再質問を投げかける。

 「人との会話の中に『フツウ』」って言われて、相手に伝わるかなぁ?」生徒達は「伝わるよ!」と伝えてきた。この時点でもまだ機嫌悪かったので、再質問。
 「君たち同士の会話で理解できることと、大人社会では理解できぬ言葉が随分あるなぁ・・・」と半分生徒達は考える間も与えず、即答のような返答をしてしまった。すまないねー。

 少し考えさせるべく、「例えば、私は○君のテスト成績の平均は90点取れてフツウだと思っている。でも、○君が日頃考えているテスト成績平均は50点がフツウだと思っている。」話の中にフツウに対する捉え方どう考える?しばし、シーン。

 もうひとつの聞いてみた。「○さん、家で休みの日に何をしているの?」と、あまり話をしない人に聞かれました。まぁ学校の先生でもいい。部活動のコーチでもいい。「フツウ」「ビミョー」といって、質問した人は、休みの日に○さんが、何をしていたのか理解できたかなぁ?「伝わらないと思う・・・何したのか伝えないと会話にならない」とボソリと近くの生徒が発表してきた。

 またも、しばし、学級の生徒達シーーーン。

 その話をしてから給食だったこともあり、毎度毎度生活グループに私も入り給食タイム。同じグループで食べていた△君に「昨日何したの?」と問いかけたとき、「フ。。。。。いや、テレビ見てました」に多少会話になったかなぁ?と受け取れた。周囲の生徒達もちょっとにやり。

 
 フツウ・ビミョウって最近の流行言葉なのでしょうか?この内容を、隣席の職員に話をしたところ、「テレビの影響じゃない?」とも言われた。うーーんそうかもしれないけれど、会話を大事にして欲しいと考える、三十路手前の口うるさい学級担任さんなのでした。学力向上の云々より、日常会話力も学ばせるべきだと思う。

 

 
by hakusuke | 2007-06-03 17:45 | 2009前自分の授業から | Comments(2)
 7月上旬に校内合唱コンクールが行われます。1年生は、合唱コンクール自体初めてであり、合唱コンクールって何だ?にはじまり、歌を歌うことで学級がまとまるといいね!など語りかけておりました。職員会議要項には、この時期学級の色が付いてきてもよい頃・・・と記されているしなぁ。まぁ、変なカラーに染まりつつある1年2組。学級の生徒達には「みんなで楽しく盛り上がろう!楽しく歌おう!」を伝え、合唱コンクールにむけて意識を高めさせておりました。

 以前指導してきた中学校での雰囲気だと、合唱コンクール準備として学級で譜面にまとめることなど当たり前に行われておりました。「譜面つくろうと思うのですが・・・」と学年主任さんに相談を持ちかけたところ、「やってみる価値あるね!」と言われました。話を聞くと、勤務校はこの譜面づくりの習慣がなかったようです。
 学級では、生徒達からも「譜面つくろう!」の要望もあり、唯一6学級あるうちの1学級だけ譜面つくりました。そのことが、更に団結力を高めるきっかけに繋がればいいなぁ。女子生徒が描いてくれた、明るく楽しい雰囲気の表紙に仕上がりました。「1学級だけ譜面もっている!」といった意識や、もともと歌うのが好きな生徒達のようです。全体に生徒達は盛り上がっております。

 ちなみに、課題曲は「マイ バラード」 自由曲は「涙をこえて」

 自由曲選びの時、私は空き時間だったこともあり、学級の生徒達と共に14曲程度、音楽室で曲を聴きました。学級の雰囲気を考えつつ、「2組は、この曲の雰囲気じゃないなぁ・・・」「バスパート男子は歌いにくいかも」等々考えつつ曲選考のメモをしておいた。
 私が、「涙をこえてを聞きたいなぁ」と考えていたことや、帰りの会で「『涙をこえて』の雰囲気だねぇ・・・」などを、生徒達に多少促していたこともあり、合唱コンクール実行委員と、伴奏者をあつめ自由曲選びをしたところ、あっさりと、「『涙をこえて』歌いたい!」に決まりました。

 週2時間ある音楽。金曜日の6時間目にあることもあり、我が学級の生徒達は変にテンションが高いらしいことを音楽教師から伝えられた。先週は盛り上がりすぎて、音楽担当者の指示が聞けず、叱られたらしい。だいたい叱られた状況は、帰りの会での反省会から予想はついた。
 音楽担当にに、「申し訳ございませぬ」と学級の失態を謝ると同時に、生徒達にも「叱られたら楽しい雰囲気で歌いたい気分の人達も、歌いたい気持ちも半減では。。。?一人の勝手な行動がみんな、不愉快になるよね?」などなど淡々と話をしたらシーーーーーーーン。女子生徒というか、音楽が好きな生徒生徒達から、無言のまなざしで、「あのとき先生、いっていたじゃない!」「注意してんのに聞かないんだから!もう!」といった、お怒りの眼差しが、はしゃぎすぎていた生徒達に注がれる。うーん怖いな。
 
 昨日音楽室を覗いた。覗いた時は、生徒の演奏でもって、マイバラードを歌っていた。予想していたより、随分大きな声?盛り上がって歌っていた。声でない学級より、安心!安心!
 初、自由曲を歌っており、自分でやりたいと言ってくれた男子指揮者さん自身が大のり。うーーーーーーん。盛り上がりすぎているなぁ。指揮者の雰囲気が盛り上げているのか?まぁ、適度に歯止めをかけつつ、練習していこう!

 初めてです。変声期をむかえていない男子生徒たちの合唱練習指導。2部合唱かなぁ?

 
by hakusuke | 2007-06-02 23:17 | 雑感あれこれ | Comments(0)

学級ブログ・学級通信

a0074653_22353179.jpg 福島の小野先生の勤務されている学校HPと、ブログを読ませていただきました。学校紹介しても可なのか了解得ていないため、学校名は伏せます。
 気のせいだろうか?やはり図工の紹介が学級ブログには多くエントリーされている。まぁ、私も小学校学級担任だったら、恐らく図工のことPRするだろうなぁ・・・。たぶん。

 学級ブログも、魅力を感じてますが、私は地道にペーパー学級通信の発行です。つたない文章チェックを、毎回主任さん・教頭さんにチェックしていただいております。
 A4両面刷り発行。教室掲示用だけ、事務長さんの目をかいくぐり?カラー印刷してしまう。生徒ちゃんにも、学級通信作成にかかわりを持たせてます。

1、学級の様子デジカメ撮影
 私が撮るより、生徒が撮影した写真は自然体です。時折、うわぁ!と思うくらいびっくりな、私のズーム画像がメディアに入っている!カメラの使い方教えれば、生徒達はお手のものです。

2、季節のカット
 私、ちまちま描いてます。時間に余裕がないときコンピュータ画像になりますが、味気ない。生徒描いたスケッチや、イラスト描くのが好きな生徒の活躍の場でもあるので、「行事より1週間早めに提出してね!」で、生徒達のカットを適時に紹介。結構これが面白い。

 今後の計画として、生徒達に各生活班の様子を紹介する記事をそのまま載せたいと考えてます。私がパソコンに向き合わなくても、生徒が記した内容の方が、読む方は面白いと捉えております。


 『学級通信』2つの趣旨があるといわれおります。その他ございましたら、ご指摘くださいませ~。毎日あれこれ校内研修三昧の身ですから。

More
by hakusuke | 2007-05-13 22:32 | 職員室から? | Comments(2)
午前中は、学年レクレーション・サッカー大会だった。一息入れて、午後は映画鑑賞となる。

学年で生徒達がみたいといった映画を集計した結果、観た映画は・・・

More
by hakusuke | 2007-05-11 23:37 | 生徒の言葉 | Comments(0)
a0074653_22314644.jpg 今日は、3年生は修学旅行、2年生は自主研修とあって、1年生だけの登校。生徒達は1時間だけ授業(体育)を受け、午前中学年レクレーションとなった。
 学級委員が決めた案で、サッカー大会となり1組VS2組で試合となる。生徒が考えたルールで、サッカー大会は行われた。みんなで仲良く・楽しくゲームをするうえで、男子やサッカー部員には、多少ハンディがあった。ただ、何故ボール2個で試合するルールとなったのだろう?学級を応援しながら、ボール2個が敵陣に入らぬか様子を見るのは結構大変でした。

 1組担任さんと同様、担任として生徒以上に熱い応援?気合いを学級のチームにおくり、学級の生徒達に「盛り上がりすぎ・・・」と指摘を受ける。いいのだ!盛り上がってこそレクレーションなのだ。
a0074653_23131180.jpg
 サッカーに限らず、こういったスポーツレクレーションは、生徒の意外な一面を知ることができる。授業や係活動で、消極的な生徒が、機敏になれる場や、「誰にパス回すのだろうか?」「2個のボール上手くみて動いているのは誰だろう?」「あぁ、やっぱりサッカー部の○君上手いなぁ・・・」などと、熱いエールをおくりつつ観戦する。
 余談ですが、撮影(記録)を私はデジカメ預け、生徒に撮影させてました。良い構図、ベストショットが随分撮影できていた。この写真も生徒が撮った写真で、うーん雰囲気が出ていると思う。

 試合結果は、我が学級が優勝を得る。1位・2位争い同じ学級のチームとおしの戦いとなり、これはこれで面白く観戦させていただいた。
 帰りの会。この学年レクレーションを計画した、学級委員2名に、拍手!サッカー部の審判を一生懸命に仕事していた4名に拍手!優勝・準優勝の2組全員に拍手!なのでした。
 午後の部(映画鑑賞会)つづく・・・
by hakusuke | 2007-05-11 23:25 | 職員室から? | Comments(0)

Are you ready?

 入学式から、約1ヶ月。学年で共通事項として計画していた席替えの時期がやってきた。チラホラ「席替えしようよぉ・・・」といった話も、給食時に耳にしていたが、ちょっと私がバタバタだったため渋っていた。
 生徒にとって、席替えは一種のイベントでもあるのだろう。『学園天国♪』ではないけど、誰が隣・同一グループになるのか、ドキドキ・ワクワクなのだ。

 学級では、プログラム委員会(学級委員と各班の班長同士の話し合い)を適時に設けている。今回も学級の目標を踏まえつつ、良い点・課題点を各班の意見として発表しながら、「席替えではどうあるべきか?」と考えてみた。

 生徒にありがちなというか、「授業に集中する!」といった意見はあったものの、「じゃぁ、集中するにはどうしたらよいの?」と考えさせたら、「うるさい人の近くには、指摘できる人・注意できる人をつけるべきだ!」といった意見でまとまり、席替え方法を検討させたところ、プログラム委員会である程度決め、学級で話をするとなった。

 生徒に座席計画を考えさせたら、「○君はうるさいからなぁ・・・」「○はあまりしゃべらないから、○と近づけた方がよい」「○君と○君は仲良しだから、うるさくなる。離した方がよい」などあれこれ意見が交わされていた。プログラム委員の話によると、美術の授業時と教室の授業時は雰囲気が違うらしい。同時に、「○君と○ちゃんは、サッカーで盛り上がるだろう」「○と○ちゃんはいつも一緒だから離した方がよい」等、あれこれ意見が出てきた。

 みている側としては、「へぇ・・・」と思う付き合いや、意外な繋がりを知った。数日、プログラム委員が計画した座席内容で、しばしシュミレーションを試みたい。

 プログラム委員会に参加したメンバーには、「このままどおりではないよ!」とは伝えたものの、日頃教室で過ごす機会の多い生徒達の意見に従ってみることも、席替えの方法かもしれない。
 
 
 

 
by hakusuke | 2007-05-10 22:03 | 生徒の言葉 | Comments(0)

1週間終わる その2

 さすがに学級開き2日目に入ってきたら、「何となく疲れたなぁ・・・」と感じる生徒はおりました。しかし、元気に登校してきております。1年生は仮入部期間ではありますが、小規模校は、中総体の大事な戦力となる者もおります。

 下校時刻は、職員みんなでおくり出し~ですが、春だというのに冷えるなぁ。寒くて、ぴょんぴょん跳ねつつ?動きつつ、体あたためつつ、生徒達を下校させる。

 学級開き3日になるかと思いきや、ならないままに授業が入ってきました。その日の日直さんは、「初めての英語授業はおもしろかった!」といっていたからよかった。
結局2日で学級のあれこれまとめたたため、あとは少づつ掲示物つくっていきたいです。

 私は、校内研修がはじまっているため、講話を聞きつつ書類作成にも追われてます。校内LANに資料が入っているのだけど、あれだけの資料に書き込みしていくのか・・・。サーバがストップしたら怖いかも。

 親しくなった隣中学校の初任者からメールが届く。恐らく号俸的に私と同時くらいの年齢か?経験者だと思います。指導学年も同じ。「学級開きにバタバタしてます。お互い頑張りましょう!」

 心の計画?では『お淑やかに』、『清楚に!』を目標としておりました、学級開き2日目で目標が×といなる。がっかり。既に階段2段飛びで教室入り、ぞうきん掛けレース、給食終了時のじゃんけん大会でもって『お淑やかに!』『清楚に!』の目標はは撤回されました。体操着に着替えたら、はっきりいって体育教師に間違えられてもおかしくありません。いいです。パワフルだけは自身があるので。
 そしてもって、昨日の懇親会での紹介、歓談時で『お淑やか』には撤回されるぅぅぅ。

☆1週間終わる その1☆ 
by hakusuke | 2007-04-15 09:18 | 職員室から? | Comments(6)

1週間終わる その1

 9日(月)の入学式にはじまり、14日(土)の授業参観日まで、日々バタバタしておりました。
「1週間の疲れ?、寝だめをしようか!」と思いきや、体内時計がいつもの5時50分起床時間にセットされておりました。

 さてさて、この1週間。学級開きにはじまり、あれこれありました。ふぅ。学級通信『明日へJUMP』(略称、明日ジャン)に記す内容を整理すべく、学級・学年・学校のことを振り返ってみます。

 ◆入学式◆登校予定時間より1時間10分早く学校にやってきた生徒がおりました。全体的に、登校時間はやかったなぁ・・・。教室で、「おはようございます!」と挨拶しつつ、「あぁ!緊張してきたぁ!」と私だけがドキドキ。
 =学級開き1日目=
 学級に掲示する自己紹介写真撮影を主任さんにしていただく。何故か、男子が途中からファイティングポーズとなる。いや、私が「ファイティングポーズでも格好いいのでは?」なんて言ったからです。はっっはっは!皆様、素晴らしくうつりよいですよ。笑顔がかわいらしい。
◆学年顔合わせ◆ 学年主任さん以外、皆フレッシュな顔ぶれ。学年スタッフ自己紹介。「武術教師じゃないよ!美術だからね!」「最近○市に引っ越ししてきました。勉強会(初任研研修)でいない日も多いですが、皆さんと多くのことを学びたいです。」などなど
 1組の生徒を落ち着いて見ました。まだまだ、1年生。全体的に生徒達が大きく、私の方が圧倒される、しかし、教師の話聞く際、まだまだ緊張している様子が伝わってきます。
◆校内巡り・学校の活動あれこれ◆
 私も、はっきりいって校舎まだ覚えていないまま校内巡り。辛うじて、保健室・職員室の入り方を覚えて貰った。生徒達に聞くと、1週間立った今も、職員室に入るには抵抗感があるらしいです。
 1組・2組と新入りなので、休憩時間にお互い職員会議要項片手にもちつつ、給食準備や掃除の方法など○中学校の指導計画を確認しながら生徒達に伝える。私も「あれれ・・・?」も多く、話すべきことの内容に、付箋紙だらけ。

a0074653_21542568.jpg◆対面式◆立派な態度できいておりました。帰りの会で対面式について感想を記させてみました。元々入部したい部活動以外にも、「吹奏楽部で楽器の演奏してみたい」「図書委員になってみたい」などあれこれ記しておりました。

 学級開き1日目は、気がついたら朝入れて貰ったコーヒー1杯呑んだのち、6時間目まで放置された状態でした。バタバタ・・・・
=学級開き2日目=
◆学級委員・委員会決め◆学級委員が、予想していたよりあっさり決まる。放送委員と環境委員がなかなか決まりませんでした。我が学級だけではなく隣のクラスも同じ委員を 決める際に難航したとのこと。小学校の児童会で何かあったのだろうか?うーん。
 役員決めでは立候補した人もおりましたが、難航した委員決め。あえて、話し合いさせ決めさせました。「無理矢理押しつけはだめよ!」「学校の支えとなる委員会であり、2組の代表者として意見専門委員会として伝えてくるんだよ!」と語りつつ、役員選出。最終的に、「僕やります」「じゃぁ、前期はやってみます」で生徒達から意志を伝えてきたから、よい結果だったと思う。最後、学級全員拍手で承認。パチパチパチ・・・・
 私は生徒会担当なので、これから生徒会役員と共に生徒総会に向けて資料づくりです。3年生は、生徒大会の前に修学旅行があるため、これまた押しのきかない日程かも・・・。
 係活動も、無理なく決まる。「一人一役責任をもって!」を合い言葉に、仕事を行わせております。自ら仕事内容に気づける生徒もいれば、こちらから声がけも必要な生徒もおります。仕事内容に慣れない点も見受けられますが、徐々に指導・支援しつつ、自分から働ける用になって欲しいです。まだ、はじまったばかりなので、気づかせることが大切だと思っております。

よい点
意思表示をしてくれる。給食の準備が素早い(これは、校内では非常に大切な仕事です。時間がくると放送がかかりますので・・・)

課題点挨拶や礼儀はできているので、あえて自分たちで声がけして話が聞ける体勢をつくること。
小学校からの感覚で、○君が代表適任といった考えをなくしたい。あえて多くのことに挑戦させたい。
 
by hakusuke | 2007-04-15 09:01 | 職員室から? | Comments(0)