「教育問題」「美術教科指導」等駄文であれこれ感じたことを綴ってます。


by hakusuke
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ゴッホ展に出向いて

 県の合同幹事会があり、宮城県美術館に出向いてきました。教育普及部の方から、今回の企画展の魅力というか簡単な解説をして頂きました。空白の2年といわれていた、つまり、ゴッホがパリ在住していた期間であり、アルルに出向く前のゴッホの作品で構成されている展示です。

 以下、率直な鑑賞しての感想。
 展示されている作品は、ゴッホに関心を寄せている人は興味深い時代だと思いました。恐らく、ゴッホ展といわれるからには、『ひまわり』だの、『アーモンドの木』『黄色い家』だの明るい色遣い、ダイナミックな筆遣いの画家といったイメージの方を抱くでしょう。しかし、今回の展示作品は、その時代の作品ではありません。先に記したように、パリで生活していたゴッホの作品です。先に記した作品の数々は、パリの町から郊外のアルルで生活してから描かれた作品です。
 私自身は、学芸員さんの解説を聞いて見たから「なるほど」と思いながら鑑賞していきましたが、全体的に暗い、習作。ハイ、習作です。「え?これゴッホが描いたの?」と思われるような、あっさりうす塗りの作品や、かなり小さな作品も展示されています。

 『馬鈴薯を食べる人たち』を描いた頃、ゴッホの絵は正直暗い。はっきりいって暗い。画商であった弟テオが「明るい色遣いにしないと絵は売れない」と兄に教え、徐々に明るい色遣いに変化していったとのこと。確かに、順路に沿って鑑賞すると、理解できるだろう。バーントアンバーに明るい色の絵の具が加えられていったことがよくわかるだろう。

 自然、身近にあるものを、2年といった短い制作期間で描いている。ほんと四六時中絵を描いていたんだろうなぁといったことが展示から気付くことだろう。ポスターにもなっているゴッホの自画像。あれはやはり筆致を楽しみ色を楽しんでみるべきだろう。個人的には、肩の流れや目の回りの描き方が興味深くみることができた。

 以外だったことは骸骨であったり、石膏像をずいぶん描いていた作家だと知った。こんなにトルソー描いていたんだと思えた。納得できない画布は重ねぬリをして消しては、別な絵が描かれていたことも紹介されていた。レントゲンで撮影した画像で、あの絵の下はこのような絵が描かれていたのか・・・と考えさせられた。

 今更ながら何だが、ゴッホの色彩の魅力は、補色を上手く取り入れていることなのかもしれない。私自身は高校生の頃にゴッホにはまったけれど、だんだんゴッホいいや・・・になってしまった。何度かゴッホの作品は展覧会で見てきてはいるけれど、今回の展示ほど色に焦点を絞って見たことはなかった。全体的に絵自体は小さい。展示されている作品の数々は、ほとんど補色が効果的に取り入れられていた。その他に、興味深かったことは、画面構成の面白さだった。これは、意図的なのか、ゴッホの感性なのかもしれない。窓枠がわずかに右側よって描かれた作品でや、風景の左側に奥行きをあらわすような構図。たくさん描いるうちに学んだのかわからないが、構成や配色は、改めて関心をもった。

 ミュージアムショップでゴッホのスタンプを見つけた。今後評価印に使おう。
a0074653_8483542.jpg

 
by hakusuke | 2013-06-11 22:49 | 鑑賞-絵画 | Comments(0)