「教育問題」「美術教科指導」等駄文であれこれ感じたことを綴ってます。


by hakusuke
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

脱線美術鑑賞会  ミケランジェロの巻

 本年度高校に勤務してみて,本当に,美術作家・作品知らないことに,正直驚いている。美術教育フォーラムでもこの話題はあり,納得して聞いておりました。先日高校3年生に,公務員模試の問題見せられて,「睡蓮の絵を描いたの誰?」「日の出は?」と聞かれた。田舎だからかなぁ。本当に学ぶ機会はなかったのだろうか。これだけ情報がある時代家で何しているのだろう・・・。

 本日午後,数名の生徒と,脱線美術鑑賞会をする。
「ミケランジェロは,女嫌いだったんだよ。容姿が醜かったらしく,いつも男の人モデルだったんだって。」                     
「なんで?なんで?嘘だぁ。先生またまたぁ・・・ご冗談を。」   リトビアの御子さん↓
「作品見て見なされ。彼の描いた作品たくましいよ。リビアの巫女など,男の人並みにたくましい腕!」a0074653_1955392.jpg
「いやぁ先生の左腕みたい!ぎゃはっは・・・」
「はぁ,あなた方の観察は,間違っておりません。」剣道での筋肉ががっちりと。よく見てる・・・。

その後,最後の審判を鑑賞しながら,魂のないようなミケランジェロ紹介。「モナリザの微笑について」話をする。夏休み期間中学校に来て,最後の審判誰が描いたと,何処にあるのかぐらい覚えたら,少しは学校に来て勉強している価値はあるかもね。迷宮美術館でも,このような話していた気がするけど,見ないのかな。 
 私は,脱線鑑賞会は,大事にしたい。同時美術な眼は持たなければ!!
◆蛇足◆
日文出版から頂けた,特大モナリザポスター結構大きすぎて怖いのですが・・・。額装しようかなぁ。


 

 
Commented by saibikan at 2006-08-09 20:31
こんばんは。さいびかんです。
初めておじゃまします。Hakusukeさんもexcite だったのですね。
これからもよろしく。

美術作品や作家については、私もあまり学生時代に学んだ記憶がありません。専門ではなく、どっちかといえば体育会系だったし。でも鑑賞は大事ですよ。もっともっと図工美術に鑑賞を取り入れていいでしょう。そのためには時間をもっといただかなくちゃいけませんね。

Commented by hakusuke at 2006-08-09 22:48 x
コメントありがとうございます。こちらこそ,よろしくお願いいたします。
鑑賞そして,鑑賞時間を確保することを大事にしたいですね。生徒が夏期休暇中に,何とか分かりやすい鑑賞資料つくることができないのか悪戦苦闘中です。うんちく話なら語れるのですがね(^^)
Commented by ミズホ at 2006-08-10 13:25 x
暑いですね~~!
塾講師の仕事が決まってからというもの、数学の勉強をしています、、、。
美術教材研究はどうなった?!と自分に言い聞かせながら。

作家、作品名、子どもに関わらず大人でもなかなか浸透していませんね。(え?知らないの?)って思っても口にはあまり出せないものです、、、。
ブログを読んでみて、鑑賞の活動ではより多くの作家、作品を紹介する授業っていうのも大事だな!と思いました。
実現できるのか、するのかは未定ですが、、、毎回の授業で作家、作品紹介の時間を数分つくってみるのはどうかな?ということを考えています。教科書、資料集の活用も含めて。
以前、選択美術でやったことがありました。ファイルを作って毎回ランダムに作家の作品や紹介の資料を渡してちょっとした鑑賞をするといった感じです。現代アートの紹介なんかも結構うけました。

自分自身、まだまだ知識不足なので勉強せねば!と感じていますが、、。
Commented by hakusuke at 2006-08-10 15:16
立秋やというのに,日射しは強いですね。
私自身まだまだ,自画像に対する野望が実現に至らず悪戦苦闘中。気まぐれ故,あっこの作品も面白い,いやこっちも面白いで,なかなか資料読んでいるだけの日々が続いています。

授業時間内での作品鑑賞は,正直なかなか実践できていませんでした。私は,空き教室にポストカードをB4版に拡大した作品を展示して,気まぐれ美術展示コーナーを設けていた学校があります。同時に気まぐれ鑑賞ノートもおいて,学年問わずメッセージ書かせていました。
どうも高校生は,選択教科科目となっているので,生徒全員で作品を楽しもうといったところまでいかず,考えることも多いです。
by hakusuke | 2006-08-09 19:38 | 鑑賞-絵画 | Comments(4)