「教育問題」「美術教科指導」等駄文であれこれ感じたことを綴ってます。


by hakusuke

<   2006年 11月 ( 60 )   > この月の画像一覧

下の内容で模擬授業について触れておきながら,実は削除キーを押してしまったことに触れた。質問内容を記しておきます。恐らく次年度出題されないでしょうが・・・

模擬授業約15分きっちりです。タイマーみたいな音が聞こえた。私は2分ぐらい,余裕がありまして,挙動不審な行動に出ておりました。「さぁ!図案描いてみよう!」って伝えても,終始面接官は無言・・・。ひな壇の上から眺めているのは,指導上問題かと思い,ひな壇から降りて,わりと面接官近くまで寄っていったら「ヤメ!そこまで ひな壇に上がってください」を伝えられた。

以下模擬授業での面接内容です。

More
by hakusuke | 2006-11-29 20:58 | 「美術」試験に関して | Comments(0)
この書籍購入きっかけになった山崎先生ブログ記事から,トラックバックします!「ベーシック造形技法」宮脇 理 監修(建帛社)a0074653_1910653.jpg
「ベーシック造形技法-図画工作・美術の基礎的表現と鑑賞ー」
1,人間と造形
2,造形表現の分類
3,絵画・彫刻の基礎技法
L絵画の材料と技法,版画の材料と技法,彫刻の材料と技法
4,デザイン・工芸の基礎技法
Lデザインの主題,デザインの材料と技法,工芸の材料と技法
5,芸術作品の鑑賞
6,生活と造形




 数字は目次に記されていた,主なテーマです。数字脇に記した L は,教員採用試験「美術」で出題されているような内容が,整理されていて参考になると感じたため紹介いたしました。

 数年教採試験を受験していたこともあり,時事通信社の問題集をはじめ,教員採用試験美術の過去の試験問題に目を通してきました。表現の基礎技法について,出題される自治体は,多いです。それだけ教科指導上,大事な内容なのでしょうね。石膏取り,版画の技法,陶芸に関する技法など忘れてしまった方・履修しなかった方にはもってこいの書籍かもしれません。また,この書籍も手元にあると,美術教育史が出題される自治体には,かなり参考になるかと思います。見開きで図版内容も,豊富です。
 各ページ内容に関連性のある項目について,ポイントが右脇に記してあります。各ページごとに関連リンクとして紹介されているので,TBが可能^^;だったり・・・。

 現職の方が読まれても,非常に有効な書籍でしょう。美術館との連携して鑑賞指導を進める内容(ワークショップの利用,美術館ならではの授業づくり)も,今後私は参考にしていきたい指導内容の一つです。
 デザインと工芸の基礎技法には,随分とコンピュータの活用事例が取りあげられております。映像で伝える技術も,今の時代にあった教材なんだなと感じます。この内容も今後参考にしよう!
 蛇足です!年度私が2次試験模擬授業・面接場面で「コンピュータを使った授業について,あなたはどのような考えをもっておりますか?」といった質問も受けております。いまさらながら,模擬授業で質問された内容,ブログ公開前に,削除キーおしてしまった==;ので後日アップします。何で削除キー押したのだ???


地域によっては,取り寄せた方が早いかもしれません。建帛社HP

私はこんな試験勉強をしてました

問題集が少なく怒っておりました・・・

模擬授業はこんな感じ・・・
by hakusuke | 2006-11-29 19:38 | 本-美術 | Comments(2)
a0074653_2205572.jpg 昨日,通りすがりさんのコメント内容から感じたことを,記事にした。再度山崎先生ブログコメント読んでいた。面識未だにありませんが,青木先生のコメントも鋭い指摘だと感じた。また,書籍整理中でもあるし,いい加減捨てようか?と思っていたハスクブルグ家の記した,ツーウェイも再度読見直し,就寝ZZZ・・・。
 「児童・生徒作品の上手!」とは,何をもって上手いといえるのだろうか?それらについて気がつかせる必要があるだろうと,日々感じている。
 今回のエントリー内容は,高校生を対象とした指導内容ではありません。あえて義務教育である美術教科を指導していた時代を振り返り,記します。私が以前勤務していた,過去4年間の中学校での指導内容を振り返りつつ記します。
 私的に,過去の題材,指導内容振り返り中なです。テスト時間中ずっと考えていたから,長い文章だなー。

More
by hakusuke | 2006-11-28 21:42 | 指導観? | Comments(0)
a0074653_2015053.jpg日本橋を渡り,ミニチュア模型を見る。同時に徳川家の御三家の歴史などざっと読む。

江戸時代は大火の町。以下に火消しに力を入れた町だったのかが理解できる。
ついでにもって,フラッシュたくことを忘れた写真。あかりがない世界(時代)って,こんな雰囲気だったのだろう。これでは,忍者が出てもおかしくないなー。
a0074653_20163026.jpg江戸時代の娯楽。楽しそうではありませんか?

ミニチュア模型上手く撮影してみてください!と記してあったが,あまりにもミニチュア作品が精巧であることと,取りたい場面が多々ありすぎて,撮影は困難だった。混み混みってことも理由ではあるけどね。

a0074653_20201562.jpg職人の家。引きもの師だったかなー?長屋生活は本当に狭く,無駄がないつくりであることを知る。
火事が多かったこともあり,“柳こうり”一つしか荷物を持っていなかったとのこと。

うーん。部屋整理も含め,江戸時代の方々を見習わなくては!私は物持ちです。目下,無駄な物品整理に追われております!!
a0074653_20252291.jpg自宅出産ですね!!
兄ちゃん正座してみている姿。親のしつけか?
この横にあった,纏(まとい)を持ちふらつく。「この纏は,15KGあります」と記してあって,火消し隊の体力と根性に驚いた。これ持ち上げて,屋根に乗るんだよね?

知人の様子を映させて貰えず画像なし!

と・・・ずーっと,江戸ゾーン見てきた。午前中も鑑賞していたので疲れてきたこともあり,東京ゾーンはあっさりとしか見ておりません。新年にでも見に行こう!

5階の明治時代の電話などに触れ,鉄アレイか?この重さ?と感じたのでした。

個人的に気になった本屋の写真で〆

More
by hakusuke | 2006-11-28 20:48 | 鑑賞-民具=趣味 | Comments(0)
駅降りて,目の前の江戸東京博物館!修学旅行での引率依頼久々の来館だ。ビロゲーコレクションを見に来ている客なのか,日曜だからなのかな?1階の甘みどころにしても,異様に混んでいた。
 
 a0074653_23191534.jpgチケット購入しようとしていたら,アラーキーが,プレスの方らしき方々共に横で話をしながら通り過ぎていきました。
 学生時代に写真の講義も受けたけれど,私にとって荒木経惟氏は,写真家というよりその辺にいるおじさんといった印象しか受けない。「だいたい何で江戸東京博物館に来ている?」と感じていたら,この展示があったからであろう。知らないで出向いておりました。ははは・・・
 ついでに記すならば,今リンクしながら,展示内についての案内を読んでみた。26日(日)は,この「東京人生」に関連したイベントがあった日。輪をかけてイベント時間に近い時間帯に,私はチケット売り場に並んでいた。無計画で,出向いたことが理解できる。

 この展示に関しては,のちのちも記すが,1階チケット売り場横にも,アラーキー特有の色鮮やかな花写真A1ぐらいの大きさだったかなぁ?30枚近く展示されていた。毒々しい印象すら与える写真だ。彼にとって花=女性をイメージ?コンセプトにしていることから,そのように感じさせるのかもしれない。


a0074653_23371398.jpg 結局,あの並んでまでチケット購入に耐えられず,3階チケット売り場に出向く。吹きさらしの3階は,すぐチケット購入できたが,風が冷たい!寒いー!
 高所恐怖症の方には,不快感を与えるようなエスカレーターにのって6階へGO
 わーい!わーい!!日本橋だ!そこでも,「なに?あの映像??(左写真参照)」この時点でも,アラーキーと江戸東京博物館コラボ作品だと気づいておりませんでした。

a0074653_23422672.jpgはりきって,日本橋真ん中を歩いてみる。左側には歌舞伎座=休憩所がある。下には,山王祭りの山車が展示さてている。

やはり,この場所も高所恐怖症の方は×だと思う。というか,この橋を通過できないいうことは,展示品見られないのだろうか?

ここで,知人に指摘されアラーキーと江戸東京博物館のコラボ作品展示会が行われていることを知る。
a0074653_2354832.jpg

江戸時代の方々だって,これだけの交通量だったのだろうか?
一つひとつ雰囲気や衣装の違う,ミニチュア模型,鳥瞰図的な家の模型にも感心しつつ,展示会場をまわる。江戸ゾーンの模型の周りは老若男女・世界各国の方々も鑑賞しているので,混んでおります。だんだん疲れてきた。常設展見るだけもで広い会場ですからね・・・。



続きは後日・・・




 
by hakusuke | 2006-11-28 00:28 | 鑑賞-民具=趣味 | Comments(0)
a0074653_22131576.jpgたまたま自画像をテーマに,山崎先生ブログ見ていたら通りすがりさんの記事というより,コメント内容が気になった。まぁ,以前私が指導内容に?と感じた指導に関して,父上・母上が絶賛している内容である。


 保護者会や役員会で,保護者と作品の話になると,「うちの子,絵下手なのねー」「○○ちゃんの絵は上手いからー○○先生!先生も評価よくするでしょぉ?」とも耳にしていた。
過去の評価内容振り返っても,上手い・下手だけで私は決して評価しておりませんそれだけは断言したっていい。ましてや,私が中学校の教壇にたった年は絶対評価がはじまった年だ。
 
 よい評価をするには,やはり道具の準備をも含め,各課題にしっかりと向き合ったかで評価をしている。表現が下手だから,評価を下げることはしていない。私の授業受けている生徒ならば,理解できるはずだ。悪い評価を受けた生徒には,理由を含め指導内容を含め生徒にも学級担任にも行っている。周囲への悪影響だと感じたときは,般若になるくらい叱りつけたし,それでも効果ないならば個人的に話し合うしかない。というか,その前に恐れを成したか作品をもってきていた。この数年の勤務校の生徒ちゃんたちはね。 

 県内の幼児・児童絵画コンクールにも,時々足運んで見ている。出展作品からは表現内容に?と感じる作品は減ったと感じている。しかし,が発売したのハスグブルグ家について記したツーウェイに目を通して見ると,県内の小学校の先生方も執筆していた。もしかしたら,「出展されていないだけなのかもしれないなぁ・・・」と感じているのだ。案外地域の小学校に出向くと,酒井式による描画指導はされているかもしれない。

 高校生の生徒たちに図工で描いた絵を思い出させてみても,「みんな上手かったよ!」とは言うのだが,何を描いたのか?と質問すると,思い出せていないのだ。「みんな上手かった!」といった言葉がなんか引っかかるのだなぁ・・・
 中学校時代の方が,記憶が新鮮といえば新鮮だろうけれど,四捨五入で30歳になる私ですら幼い頃何を描いたのかぐらい覚えている。まぁ色々なことがありすぎて,図工・美術の授業は嫌いでしたけど。こんど選択3年で,保育科進学希望生徒もいるし,ぶっちゃけ鑑賞会してみようかな?

 さて,今後中・高美術で指導するだろう自分自身に言い聞かせる上でも記しておく。作品を上手い下手で評価してはいけない。そのためには,きめ細かに生徒作品を見ることだろう。きめ細かにというと,指導時間上の制約もある。指示することを明確にする。少しでもいいから,表現ができた!と感じて取れるような活動を充実させる。
 また,可能な限り個々の生徒が自ら考えることができる表現内容を提案し制作させていくこと。個々の生徒が理解できるような言葉掛け,表現活動や鑑賞活動の中で,自分にはないよさや価値観に気づき会えるような美術の授業づくりに努めていきたい


雑誌をみて,指導に??
鑑賞ノートをつくってました
教採1次試験直前も考えていた(○ちゃんきついメールすまん!)
by hakusuke | 2006-11-27 22:10 | ネット話題から | Comments(0)

芸大界隈ぶらり

a0074653_19571055.jpg階段を伝って,芸大コレクション展会場に行く。
 齊藤佳三といった舞台演出,作曲家,図案家でもありと,総合芸術家ある意味オールマイティの方らしいのだが,あまり馴染みがなくあっさりと鑑賞してしまう。無知なため,この方について,はじめて展示会場でどういった功績のあった方なのか知りました。ははは・・・
 レコードジャケット,着物デザインはよかった。着物に関しては,粋なデザインでした。モダンデザインかつ,アールヌーボーのようなデザインで関心をもつことができた。テキスタイルデザイン(どちらかといえばプリントの方)に興味・関心のある方であれば,来館をお薦めする。数年後に流行しそうなデザインもあった。


a0074653_2042017.jpg ミュージアムショップで,ポストカードや柴田是心のファイルなど購入する。是心のカレンダーは,ネットでチェックしていた商品より,随分と大きい柄だった。
 時間も時間だったので,館内にて昼食。米に関しては,やはりお世辞にもおいしいとは言えなかった。地域が米所でもあるので,米の味だけは,日頃美味の白米頂いているのでうるさかったりする。
さすが宣伝していただけはある!LUMIX!立たなくても食事が撮影可能だった!

a0074653_20145152.jpg 離れにあるアートショップに出向く。天候がよければ(雨降りそう,肌寒い気温でした)外で,コーヒーでも頂いたかもしれない。ネットで注文しようとしていた,美術書みつけ購入。やはり大学の売店は便利だねぇ。
 ガラス食器,金属加工のアクセサリー等斬新な作品が数多く販売されていたのだが,どうもテキスタイルを作品としている方は,少ないようだ。だいたい私もテキスタイルといいつつも表現内容が織物でもなくなりつつあるしなぁ・・・辛うじてTシャツの販売はされていた。
 ついでに,久々に石膏ガチャポンなどして楽しむ。
 ↓じゃじゃーん!ガチャからでたものは!
 

More
by hakusuke | 2006-11-27 20:42 | 気まぐれ写真 | Comments(0)
a0074653_17264074.jpg
久々に,芸大美術館に足を運んできた。鑑賞してきた展覧会は,“The Wonder Box-ユニヴァーシティ・ミュージアム合同展”である。

 展覧会の概略を記すと,国立大学協議会に加盟している37機関の内25機関が参加して,各大学所蔵博物館の1点を展示する内容である。

 入って早々,「おっ!」北海道大学総合博物館の,“ニッポノザウルス・サハリネンシスが”お出迎えする。復元模型ではあるけれど,非常に精巧な資料だ。父上曰く,北大には随分と恐竜の資料があるらしいが,私は今だ出向いたことがない。ポプラ並木とクラーク博士しか,イメージが浮かばない。なんて貧弱な発想なのだろう。
 
 ぐるりとまわって,後ろに展示されていた“ニホンアシカの剥製標本”の顔に驚く。アシカの耳の小さいことに驚きつつ(女性の小指爪より小さい),水中生活でもあるから退化したのだろうか,聴覚を必要としない動物なのだろうか,ひれ?足の部分?が,これが人間で言えば足に進化したのだろうかなぁ・・・などと感じてしまった。ガラス目玉のせいなのか,牙が向きだしなので,顔が怖かった印象を受ける。

 琉球大学資料の,“イリオモテヤマネコ”の,丸ごと皮剥も,きれいすぎて驚く。なでたいなーと感じた。子供ミイラも実はあったのだ。

 信州大学の雷鳥と,季節と共に,羽が抜けかわる資料(スケッチ)は,非常に興味深く,その横に展示されていた,日本で一番大きな隕石も見物であった。
a0074653_17275380.jpg
 歴史資料として,興味深かったのは,新潟大学所蔵の,佐渡金山の絵巻だった。金山発掘から,金鉱脈をあて,砂金洗いをする姿。その後小判づくり,目方をしらべる様子が,細々と記されていた。歴史資料ではあるけれど,「縄文時代の足跡なんて,どうやって見つけたのだろう?」と感じた香川大学博物資料。フレスコ画を剥がすように,土ごと標本されていた。

 九州大学の人骨資料に関しては,有名ではあるけれど,あんなにあると気持ち悪いなぁ。あごががっちりしているから,縄文人ルーツ骨格・弥生人ルーツ骨格を比較して,鑑賞したところ,私はどちらかといえば,縄文人骨格なのだろうか?とも感じた。体型も?

 出口近場にあった,宮崎大学農学部付属農業博物館資料であった,“屋久杉の円盤”知人が,「これだけ,でかい(大きい)ちゃぶ台欲しいなぁ!」と漏らしていて笑えた。私が両手広げても端がまだみえた。樹齢1600年だったかな?非常に非常に,大きな木だったのだ。いや,大地,生命力の素晴らしさすら,感じました。1600年の歴史を語るちゃぶ台・・・。
  
 各大学・博物館等の学術資料の展示でもあるので,今の私には,興味・関心がない資料も,数点展示されていた。興味ある方には,有効な資料なのだろうが,私が鑑賞しても,何がすごいのかすら理解できなかったりもしてね・・・。しかし,絵画資料,動物資料,天文資料,植物資料等,これらの資料を生かして,研究に励んでいる方々もいるのだろう。今は研究成果が生かされなくても,いつかこれらの研究がもとになって生かされる時代が来ることを祈ろう。

 パンフの裏面ををアップしてみました。展示内容について,大まかにつかむことができるかもしれない。このパンフも画面構成がすっきりしていて,見栄えがよいデザインだと感じた。

東京芸術大学美術館
by hakusuke | 2006-11-27 19:30 | 鑑賞-民具=趣味 | Comments(0)

気分転換ぶらり ぶらり

a0074653_20334454.jpg
気晴らし兼ねて,近場の工芸館に出向く。あれっ!!


More
by hakusuke | 2006-11-25 21:06 | 日記 今日という日! | Comments(0)

情報公開を活用しよう

 私の周辺では,情報開示請求に関して,意義・不満を示しているような講師仲間はあまり耳にしない。私も何だけどね・・・。しかし,教員採用試験掲示板や個人ブログを見ていると,成績開示について,不満たらたら記している方もいる。あぁ怖い怖い。
 情報公開が全てに賛成ではないが,教採試験に利用できることは,利用した方がよいだろう。宮城県・仙台市教員選考試験 受験要項にも小さく記されているのだが,模範解答が閲覧できるのだ。仙台市意外に在住の方だと,結構この内容について知らない方も多い。県情報センターに出向くべし!

 宮城県であれば,あの偉そうな?強そうな?婦警さんにビクビクしつつ,ロビーを抜けて,地下に行く。そして静かな雰囲気の中でにこやかにお姉さんに,コピー願いをする。あっさり,コピーして頂ける。

 教員選考試験を受験するにあたり,直接県情報センターに,足を運ぶことは受験意欲を高めるうえで大事な行動だと思う。

教採試験への意識は?
by hakusuke | 2006-11-25 19:57 | 講師経験者から 助言! | Comments(0)