「教育問題」「美術教科指導」等駄文であれこれ感じたことを綴ってます。


by hakusuke
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2018年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

美術による学び研究会

a0074653_18373223.jpg


a0074653_18385460.jpg



1 日 時 2018年2月10日【土】 ・ 2月11日【日】
2 会 場 山形テルサ1階 大会議室
3 主 催 美術による学び研究会
4 会 費 1,000円(資料代) ・ 学生無料 / 懇親会に参加の場合は別途4,500円
5 対 象 美術教育に関心のある方(最大80人、会場の収容人数に限りがあります)
6 申込み 以下の内容を明記の上、メールにてお申込みください
manabikenyamagata★gmail.com
★を@に変換してください。
(1)お名前 (2)勤務先 (3)所属・校種(幼保、小、中、高、大、各種学校 ・ 美術関係者 ・ 学生 ・ その他) (4)都道府県名 (5)連絡先メールアドレス (6)参加日(両日 ・ 10日のみ ・ 11日のみ) (7)懇親会の参加有無(1次会参加 ・ 2次会まで参加 ・ 懇親会不参加) (8)本研究会の会員 ・ 非会員

※ 1週間以内に受付完了の返信メールが届かない場合は 、 お手数ですが再度メールにてお申し込みください。 ※ 交流を図るために参加者名簿を作成します。 掲載を望まない場合は御連絡ください。


1月5日(金)現在、申し込みを受け付けています!



会場付近情報

以下、詳細!

More
by hakusuke | 2018-01-31 19:23 | 学び研 | Comments(0)
美術による学び研修会(鑑賞フォーラム)で扱う動画です。
この研修会では,「鑑賞教育フォーラム」として,「Father And Daughter」の鑑賞実践が4事例が報告されます。

 



by hakusuke | 2018-01-30 19:20 | 学び研 | Comments(0)
 生活に関連する題材として、マーク、ピクトグラムについて学習しています。
色と形について考えさせたいと思い、マークを5個以上収集する課題を与え、グループで、色から判断できること、形から判断できること等を話し合わせた。

 生徒たちは、色から答えられる内容もある。「警告」「注意」「禁止」等々はすぐに答えられる内容だ。だからこそ、どのような場所に設置されているのか?具体例を挙げさせて発表させた。生徒たちの事例は,通学区域や生活に根ざしているマークが多いから、「あぁ・・・」とか「そういえばあるねー」といった反応は,手応えはあったと思った。しかし、私が捉えていた以上にマークを見ていないものだなぁ。

 学習に動機付けは大切。生徒たちの自己評価を読んでいたら、「自分は案外マークを見落としていたかもしれない。もう少し探してみます。」とか「色と形で判断できるってことに,改めて気付いた」といった反応があった。

 これらの反応を認め、授業をさらに工夫していこうと思う。

by hakusuke | 2018-01-28 21:46 | 自分のこと | Comments(0)

先週は学び研の打ち合わせで山形入りしていたので,うわさの保護者会をリアルタイムで見ることなく,本日の再放送で見ました。

 個人的な感想
・STEAMが取りあげられていたことが、時代だと思った。あっさりではあったけれど、図工・美術の表現活動を応用して,工業デザインや創意工夫した表現力が求められていること、オバマ大統領のネタ等が触れられていた。
・授業時間の削減に触れていること、「図工の評価ってどうするの?」といった保護者の疑問に対して、過程をみていることを現役の先生が答えていることが良かった。
・私自身は図工を教えているわけではない。図工の授業に対して,「授業準備が大切」と、材料の事前準備、活動がしやすい環境をつくっていた先生の取り組みが良かった。

 興味深い内容でした。機会あれば,オンデマンドで見てくださいませ。NHKで取りあげていることも含め,授業づくりについて一層努力,工夫が必要だと感じました。保護シャーズの思いや捉えも、参考にしたい。

by hakusuke | 2018-01-13 20:25 | 自分のこと | Comments(0)
 学び研山形開催に向けて、事前打ち合わせに参加してきました。県外から来る方、以下を参考にしてください。

 山形駅は、西口、東口があります。駅の自由通路を抜けて、西口が、会場のテルサ山形になります。テルサ付近は、1月現在工事をしていますが、駅から徒歩5分でしょう。


a0074653_16260805.jpg

JRで来ると、こちらに出ます。左側(西口)に進んでください。左側に茶色の建物が見えてくるはず。
a0074653_16580597.jpg

a0074653_17154511.jpg
エレベーターでテルサ側に降りられます。
< br>
a0074653_16455770.jpg



西側のこと。=テルサ側について
 駅から徒歩圏内に、ルートイン、東横イン、リッチモンドホテル、西口ワシントンホテル、スーパーホテルがあります。スーパーホテルは、駅から少し歩きますが、テルサには近いです。私は、打ち合わせ後リッチモンドホテルに宿をとりました。リッチモンドからテルサは目の前で、郷土料理の芋煮、玉コン、ひっぱりうどん、赤カブの漬物など、しっかり朝ごはんは食べられることでしょう。
(注)ホテルの回し者ではありません)また、テルサ向かいにセブンイレブン、リッチモンドの裏には、マックスバリューがあります。写真にうっすら写っている建物が,ルートイン。

a0074653_16533085.jpg

  

東側のこと。=バスターミナル側について
 飛行場からバスで来る、仙台からバスで来る方たちはこちらに停車することでしょう。ビジネスホテルであれば、コンフォートホテルが駅から看板が見えます。仙台駅を利用してバスで来ると,写真の場所に到着するはずです。
a0074653_17390099.jpg

なお、駅の目の前は繁華街です。夜は郷土料理を食べられる店、食事処は多々あります。二次会の会場名は当日会場でお知らせしますが、東側に決めました!
  
バス停について
 バスで来られる方は,恐らく東側に到着するはずです。バス停からコンコースをあがって、西口に移動してきてください。山形駅2階にはコインロッカーは見つけられませんでした。駅に荷物を置いてくる場合、ロッカーがあります。また、バス案内所の奥にもロッカーがあります。
a0074653_17243735.jpg


a0074653_17220533.jpg


昼食について
 13時から開会なので、駅付近で昼食を食べてきてください。駅前であれば蕎麦やがあります。下に写っている写真のバス案内所の2階横に飲食店(ラーメン、そば、肉)がありました。左奥にロッカーがあります。駅1階(S-PAL1階)に軽食できるパンや、ロッテリア、2階にとんかつ、スタバがありました。一応,会場にも1次会会場になる食事処があります。
a0074653_17202835.jpg






ご不明な点がありましたら,コメント欄に書き込み可能です。もしくは、事務局メールに送信してください。後日回答のできる範囲で、返信いたします。
a0074653_18470426.jpg

2月10日(土)11日(日)山形でお待ちしております。
by hakusuke | 2018-01-07 19:00 | 学び研 | Comments(0)
「学びの責任」は誰にあるのか: 「責任の移行モデル」で授業が変わる

この書籍内容は、教師をガイドするための指導本のように思う。


学習者中心の学びを目指すならば、買う価値あるだろう。私自身が目指している授業づくりの内容であり、身につけたい内容である。

協働学習の項では、協同学習の「基本的なグループワーク」と区別して、建設的なグループワーク」を提案している。協同学習では認知的な側面であったり、教科の専門性の重要性にも触れている。私自身は、グループワークの在り方を見直しが必要だと反省。

個別学習では、メタ認知と自己調整に言及されている。重要な指摘として、もっている潜在的な力を発揮するには、スキルとそれを伸ばすサポートが必要であり、これがない丸投げは、成長のチャンスを失うことになっているということ。

ここ数年、私自身のアンテナに引っかかる、ライティング・ワークショップ、リーディング・ワークショップ、PBL、ワークショップの学び、協同学習等々が網羅されている。ただし、この訳者に関連する書籍内容からも引用されている項目も多いように感じた。関連書籍も手元にあるとさらに良いことをおすすめしたい。


正月に読めて良かった。年明け後の授業に、即活かせるわけではないがも押さえて、授業に臨みたい。また、2月末に、協同学習の学会が仙台で開催される。参加しようと考えているので、お会いしたら、声を掛けてくださいねー。



by hakusuke | 2018-01-03 18:13 | 本-教養 | Comments(0)
a0074653_11311665.jpg
                           
2018年 あけましておめでとうございます   


久々の異動もあり,よく分からないままに学校行事に乗っかり,生徒と共に動く。
研修をちまちま受講し,自分の授業や学級経営について見直すことが多かった。
時代が時代なので,ネットに情報を闇雲に上げるのも何だかなーで,停滞気味のこのブログ。停滞というより,アップしてこなかったが正しい。

昨年は学会にも参加せず,研修会もたいした遠出することもなかった。県内の研修参加でも,今の自分に必要な研修内容が実施されていたことが,本音かもしれない。



教科指導に関して記すならば,備品の把握することであったり,予算についても,行事で授業カットがどれくらいになるのか等,自分自身がよく見えていないこともあった。生徒たちの実態把握と共に,活用できる教材はないか?と,自己研修の日が多かった。

久々に,複数の学級担任や生徒会担当になり,全体を動かすことで見えてくる課題
を見直すことが多かった。個人的に考えることが多かったのは,特別支援教育。元々関心はある内容。学級,学校といった組織の中で,生徒が自信をもって活動できるには?活動できる働き掛けとはなんだ?保護者や地域との連携?等を,問いながら,授業や学級を見守るようにした。決して真新しい取組もしていない。経験から,得てきたことを現場に還元していた。




まだ,目標らしい目標も立てていない2018年の年明け。
学校現場に携わっているため,新年は4月といった感覚だ。相変わらずマイペースで進もうと思う。しかし,教職経験から若手にも還元していきます。

本年もよろしくお願いします。






by hakusuke | 2018-01-03 12:30 | 自分のこと | Comments(0)